工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

猫の環境アメニティ~猫に必要な高さとは

100315_017

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、前回の『猫の環境アメニティを考える』の「動線計画」に引き続き「猫に必要な高さとは」についてです。

猫はよく高いところに上りたがりますね。あれは遊んでいるということもありますが、怖いものや不審なものから離れて観察するいう意味もあるのです。
そこで、家の中で観察する、しかも「楽しむために」猫が観察する対象とは何かな、と考えますと、「家族」でしょう! 
ということで、家族を猫達に堪能してもらうための高さについて、ご提案しております。

今年は猫のお話を続けてきましたが、来年は、戌年ですから、犬のお話を充実差せなくてはいけないかもしれませが、もう少し、猫の話もお付き合い下さい。

猫と幸せに暮らす本 のお手伝いしています。

 日経おとなのOFF特別編集「猫と幸せに暮らす本」
 の「猫とストレスフリーで暮らす家作り」で
 ご協力いたしました。

 お近くの書店でお買い求め下さい。

猫に人との住まいを楽しんでもらう工夫のポイント

Img_0841_3

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『猫の環境アメニティを考える』

住まい×猫 の情報は「建築知識」さんの猫特集でかなり広範囲に広まったかと思います。
しかし、キャットウォークをつくれば、何でも猫は喜ぶわけではありません。

おもしろくなければ有効活用してくれません。そして、猫が活用しているように見えても、それが恐怖心や興奮といったものであったなら、それはあまりいいことではありません。

楽しい気分や人との関わりを楽しむために使ってこそ、人と猫のための住まいになりえるのです。

では、猫にも人にも楽しい猫の通路(猫アスレチック)を室内でつくる、金巻的なポイントを今回はご紹介しております。

» 続きを読む

«HAPPシンポジウム「猫は忖度する動物か?」に参加します。

私的研究所

私的記録

無料ブログはココログ