« うちの猫はおりこうさん?―ヨーロッパ式「マンション猫」のしつけ | トップページ | 猫の不完全な飼い方 »

犬と話そう

4036348809
犬と話そう―犬とつきあう本〈Part2〉

[著者] 河原まり子/利岡裕子
[出版社] 偕成社
[推薦度] ★Studio一押し★

[内容]
 犬はしょっちゅう相手に話しかけています。楽しいときも、悲しいときも、こわいときも、不安なときも。もし人間が、犬の習性を知って、犬のことばを話すことができたら、人間と犬は、もっともっとすばらしい仲間になれるでしょう。
 最近になってようやく解明されてきた犬語、カーミング・シグナル。その意味や使い方をマスターして犬と話してみよう。犬語と犬の生活を豊富なイラストで解説する。94年刊「犬とつきあう本」の続編。

[お薦めポイント]
 絵本のようになっており、子供にもとってもわかりやすい本です。子供と犬がいる家庭で、是非読んでいただきたい一冊です。
 小さな子でもこれで犬と会話が出来て、正しい上下関係を築くためのアイテムになってくれるでしょう。

|

« うちの猫はおりこうさん?―ヨーロッパ式「マンション猫」のしつけ | トップページ | 猫の不完全な飼い方 »

ペット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

QLAお薦め本」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬と話そう:

« うちの猫はおりこうさん?―ヨーロッパ式「マンション猫」のしつけ | トップページ | 猫の不完全な飼い方 »