« 老犬とどう暮らすか | トップページ | QLAお薦め本 »

コンパニオンアニマルの問題行動とその治療

4061537229
コンパニオンアニマルの問題行動とその治療
[著者] 工 亜紀
[出版社] 講談社
[推薦度] ☆

[内容]
犬猫の問題行動の種類と治療法を紹介。鳴き続ける、かみつくといった犬・猫の問題行動について、科学的裏付けと事例を基に、その原因、治療法、対処法を詳述する。獣医関係者必読書。

[お薦めポイント]
「ペット・カウンセリング」の著作をお持ちの工先生。
 今度は専門家向けでで、ちょっと難しいですが、内容は「なぜ犬はかみつくのか?なぜ猫はひっかくのか?犬や猫のそんな問題行動についての治療法や対処法」です。

 難しくても頑張って読みたい方はお薦め。

|

« 老犬とどう暮らすか | トップページ | QLAお薦め本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

QLAお薦め本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンパニオンアニマルの問題行動とその治療:

« 老犬とどう暮らすか | トップページ | QLAお薦め本 »