« ペット不可なら安心か? | トップページ | 読売新聞 & 飼い主の会の会費 »

ペット共用設備

 獣医師の井本先生が「ペットと暮らす住まいの話」というブログを開始されましたが、同じサイトで建築家の方が、建築家の立場としてマンションの話を書かれています。

 大変興味深い記事が多いので楽しんでおりましたが、「マンションの共用施設ってどうなの?3:ペットと暮らす」という記事をお書きになられたので、異論があってコメントいたしました。

 異論とは、「《ペット共用設備》とは、他の住民に迷惑をかけないために必要な設備である」というお話に対してです。
 有名な建築家の先生です。
 これから住むであろう私達の家のため(分譲だと先に作られてしまっています)に、私達の現在と過去に渡って抱えてきた苦しみや願いを、知っていただきたいと思いました。

 このコメントに対する、お返事は「マンションの共用施設ってどうなの?4:ペットと暮らす」です。

 私達QLAメンバーは、このサイトを開く以前から、多くの飼い主さんや理事会、マンション管理会社や売主から話を聞いてきました。
 「ペット共用設備」というものが出回るようになって、残念ながら住まい手(飼い主も、非飼い主……特に理事会)の苦労は増えました。
 設備がないから「飼育不可なんだ」と主張され、「飼いたいなら、自分達で費用を出して足洗い場をつくれ」と言われた飼い主さんたちがいました。
 規約改正にも出来ずに涙をのんでいるコミュニティがあるとシンポジュームなどの意見交換会で伺いました。
 ペットアイテムを売っている一部の専門会社の主張を鵜呑みにする方が居るためです……

 『それら共用施設は、そのマンションの住人たちのものです。その維持費は、管理費として住人全員で負担しています。ですから、個人負担はそれほどの額にはならないはずです。』
 この先生の作られたマンションは、共用設備の費用は全員が負担している事となっているようです。それならば、費用に付随して起こる問題関係は、だいぶ私達の心配からは除かれます。

 しかし、一般的には「ペット用設備は、飼い主が使用料を支払う」という形を「表面上」では管理会社や売主は示してきます。(そうでないと、不公平感から他の住民は納得しないからだそうです)
 この辺がかなりの問題なのです。
 「飼い主全員」から費用を取ると言うのも、犬しか使わない設備なのに、猫の飼い主も費用を負担させられます。(ペットサークル会費とかで一括りにされている事が殆ど)
 そして、「足洗い場」を一般の人も使えるようになっていたマンションでは、ペットは使い勝手が悪いのでめったに使わないのに、殆どが子供やお父さんがしようしている。そんな状態なのに、何故費用を飼い主だけが負担するのか、となった所を複数聞きました。
 これを避けようと、「足洗い場」や「トリミングルーム」への費用を支払っている人に「カギ」が渡される対策がその後のマンションでは採用されてきたようです。
 しかし、たいては「開かずの間」になって、それもまた理事会が「ある設備なのだから、使えるようにしなけらばならない」と厄介ごとに悩まされている、と少なくない件数で苦労談を伺います。

 「キッズルーム」と扱いは同じではないか、との事ですが、レッスン室や集会室などの類と、「洗い場」類の維持はかなり違います。
 「ペット設備」とは水を相当使う場所です。水道使用料(お湯がないと使われない)、そして一番は、水周りの清掃管理費は、一般の清掃と単価が違うのだそうです。
 トリミングルームの場合は、単なる流しだけが在るのではないので、これも衛生面でかなり厄介です。
 「ペットマンション」の飼い主の集まりに、トレーナーさんのお供で参加した事がありましたが、「あるだけじゃ使えんよ。使えるようにしておいて欲しい」と空調に関しても苦情を聞かされました。

 『さらに、ぺットの足洗い場の存在は、ペットを飼っていない人に「ペットがマンション内を汚さない」という安心感を与える象徴になっているところに、大きな意義があると僕は考えています。実際に利用されているか否かという以前に、それはとても大切なことだと思います。トリミングルームの存在も同じです。ペットの体毛を、むやみやたらにマンション内に撒き散らさない、設備配管に流さないという象徴なのです。』

 ……はたしてそうでしょうか。
 先生の御意見は、私が今まで「飼い主」「非飼い主」双方から聞かされてきた嘆きや怒りとは大きく違うようです。
 「ペット共生設備」があると思って入居した「飼い主」と「非飼い主」の意識のギャップの大きさ。
 「設備があるから安心」と安易な飼育の誘発する事になっていて、「飼ってはいけないタイプの、無責任飼い主を増やしている」と、勉強会で行動治療の専門獣医師から意見された事がありました。

 この設備があるマンションの飼い主の方は、よく考えてください。気持ちが緩んでいませんか?
 これらは「便利な設備」で有るべきで、「迷惑をかけないようにしよう」という、心のストッパーを外すような設備であってはいけません。

 「飼育可には必要だ」とリフォーム業者が増設の宣伝に来る事もあるようです。
 しかし、飼育可のために安易に新しく作ろうとしてはいけない設備です。
 私達の想いとは無関係に、新規分譲物件で増えていくのなら、これからは「トラブルのない飼育」だけでなく、「現在あるペット設備をどう有効利用するか、維持管理はどうするのか」もこのサイトで考えていくべきなのかもしれません。

 以下、当サイトのML発言より転載いたします。

12月19日 発言№1842 
 『共用のペット設備があるのは、「素敵でしょう?」という提案ならかまわないと思います。喜ぶ人だって居るのだし。
 
  でも、「必要だ」って言う理由で付けるのは、 本当はペットを飼っていない、「迷惑かけてくれるなよ」と思っている人ほど、この無駄な設備に怒っていいと思います。
 だってね、まず建築費がかかっています(得をしているのは、建設会社と設計事務所です)払うのは購入者の私達です。
 そして、維持は「飼い主負担」と表面上されていますが、実は全体からぼかした状態で管理費として取る事になります。
 規模にも寄りますが、「グルーミングルーム」なんぞ作ると、実質そんな3割程度の飼い主の支払う費用でまかなえるわけないのです。
 (売る方にしてみたら、「そういう設備があるマンションを買ったのだから、住民全員が維持費を支払うのは当然でしょう」という理論だそうです)

 「ペット嫌だなぁ、でもこれがあれば、自分達に被害は及ばないんだね」と思って安心料として理費を払ったとします。
 でも、「迷惑をかけないためのスーパーアイテム」何ぞではないわけですから、「ペットにやさしいマンション。ふふん♪」と飼い主が緩んだ気持ちで、やるべき事をやらなければ、不愉快な事件は簡単におきます。
 「迷惑掛けられてるのに、こんな飼い主ばかりに便利な設備に、金なんか払うもんか!」
 となるのは、想像にたやすいです』

|

« ペット不可なら安心か? | トップページ | 読売新聞 & 飼い主の会の会費 »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペット共用設備:

» マンションの共用施設ってどうなの?5:ペットと暮らす [住まいのなんでも相談室]
■025:おもしろくなってきたマンションのペット論争・・・ ペットに関心のある、それもマンション住まいの人たちの間でですが、ペット関連の共用施設のあり方、その是非、有無について、議論が盛りあがりつつあります。ご関心のある方、是非ご参加いただき、ご意...... [続きを読む]

受信: 2005.12.26 17:30

» マンションの共用施設ってどうなの?6:ペットと暮らす [住まいのなんでも相談室]
■028:マンションでペット関連の共用施設は必要か?・・・ 僕が12月12日、23日に書いた「・・・ペットと気持ちよく暮らすための共用施設」に寄せられた異論、反論への再反論を述べさせていただきます。 「ペットと暮らす快適住まいの話」の井本史夫先...... [続きを読む]

受信: 2005.12.31 17:29

« ペット不可なら安心か? | トップページ | 読売新聞 & 飼い主の会の会費 »