« 迷惑な餌やりを荒川区が罰則付きで禁止「地域猫」は対象外 | トップページ | マンションで動物と暮らすメーリングリスト ダイジェスト »

ペットがいるからといって、オゾン式空気清浄機は安易に取り入れないで

 ペット共生マンションのアイテムとして「脱臭器」が設置されていますが、「オゾン脱臭機」の場合、注意が必要です。

 そもそも、オゾンは毒であり住環境で使うには問題があると思っていました。
 シックハウスを学ぶ建築士として情報を集めると、専門家からは以前から否定的なものが多かったのです。
 オゾン脱臭器は、一時は美容院などで流行りましたが、結構危ないという事で姿を消していたのですが、住宅のペットブームとインフルエンザの影響か、またオゾン脱臭器が目につくようになりました。
 心配していましたら、やっぱり苦情が多かったようです。読売新聞に以下のようなニュースが出ました。

「オゾン発生器買わない方が」国民生活センター

「オゾン発生器買わない方が」国民生活センター

 国民生活センターは27日、室内の除菌・脱臭効果をうたった家庭用オゾン発生器の中に、人体に影響を及ぼす高濃度のオゾンを排出するものがあると発表した。

 オゾンは特有のにおい、強い酸化力を持つ気体。水や空気の浄化、有機物の除去など工業分野で利用される一方、空気中の濃度が0・1ppm程度で鼻やのどに刺激を感じ、5~10ppmで呼吸困難を起こす可能性があるとされる。日本産業衛生学会は労働者の作業環境基準を0・1ppmとしている。

 国民生活センターは今年5~8月、酸素を取り込んで吹き出し口からオゾンを排出する家庭用の発生器7銘柄を通信販売で購入。

 試験室で30分間運転したところ、3銘柄で、10分以内に室内のオゾン濃度が0・05ppmを超え、運転停止後には0・31~1・01ppmになった。排出口から10センチの場所では、2・2~10・2ppmに達した。

 全国の消費生活センターには2004年度から5年間で、「気分が悪くなった」などオゾン発生器の安全性に関する相談が計67件寄せられた。

 国民生活センター商品テスト部は「使用方法によっては、身体へ影響を与える。安全対策が施されていない現状では、購入しない方がよい」としている。

(2009年8月27日19時48分  読売新聞)

 ちなみに、「住いの科学科学情報センター」2001年7月2日の記事に、アメリカ環境保護庁の報告書からみた、「オゾン式空気清浄機と健康影響」というものがあります。
 この中で、以下のような記述があります

*****ここから*******

 アメリカ環境保護庁の報告書[3]によると、オゾン式空気清浄機で室内空気汚染を効果的にコントロールできるかについては、これまで得られた科学的知見では、健康基準値を超えないオゾン濃度では、室内空気汚染物質はほとんど除去できず、臭いの原因となる多くの化学物質を有効に除去できないことを示す証拠があること、また、その濃度では、ウィルス、細菌、カビなどの生物汚染源を有効に除去できないと報告しています。
 そして、室内空気のオゾン濃度には多くの因子が影響するため、オゾン式空気清浄機を取扱説明書通りに使用していても、扉の開閉、部屋の大きさ、空調の使用状況などによって、健康基準値よりも高いオゾン濃度に達成する可能性があり、例えばアメリカ環境保護庁が行った研究によると、扉を閉め切った状態で、最も多くオゾンが発生する強設定でオゾン式空気清浄機を作動させた場合0.20-0.30ppmのオゾン濃度を示す商品があったと報告しています。

*****ここまで******

 つまり、結論としては、健康基準値を超えないオゾン濃度では、室内空気汚染物質はほとんど除去できないようです。

 また、日本建築学会-研究者の学術講演では、オゾン触媒式空気清浄機・オゾン利用脱臭機の運転に伴い、ホルムデヒド類(ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド)の二次生成物の発生が確認された報告が出ています。

 私たちユーザーは「ペットのいる家なら」と勧められても、安易に利用してはいけないのだという事です

|

« 迷惑な餌やりを荒川区が罰則付きで禁止「地域猫」は対象外 | トップページ | マンションで動物と暮らすメーリングリスト ダイジェスト »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

情報」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペットがいるからといって、オゾン式空気清浄機は安易に取り入れないで:

« 迷惑な餌やりを荒川区が罰則付きで禁止「地域猫」は対象外 | トップページ | マンションで動物と暮らすメーリングリスト ダイジェスト »