« 被災者と被災ペットを支援するための要望等の動き | トップページ | 解放廊下側の部屋は犬の居場所には向かない »

公開シンポジウム「飼い主が望む緊急災害時の動物救援体制を考える」

 特定非営利活動法人「動物愛護社会化推進協会」が、第8回 秋公開シンポジウム「飼い主が望む緊急災害時の動物救援体制を考える」を、10月2日(日)東京にて開催されます。
 私も参加予定です。

 飼主が、自分のペットとの同行避難について避難訓練をしておくことは大切な事ですが、避難訓練自体した事ない人も多いのではないでしょうか。
 実際、避難訓練をできるマンションは、規模が大きくないとなかなか企画できません。
 私の所でも、提案してから数年たって、やっと近隣の自治会と共同で開催できたというかんじです。

 このシンポジウムでは、今後、大規模な災害発生時に備え、緊急災害時の動物救護体制はどうあるべきか、また、行政機関や動物関連団体の役割、飼い主が備えておかねばならないことは何かについて、行政、獣医師会、団体、企業等各方面からパネリストを招き、意見交換を行ないます。

日時: 2011年10月2日(日)13:3~17:00
場所: 葛西区民会館駅」 徒歩5分)
入場: 無料対象: 行政・自治体職員、獣医師、動物看護師、ドッグインストラクター、一般の飼い主等

コーディネーター:
林 良博(特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会 副理事長

パネリスト:
西山 理行 氏(環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室 室長)
山根 義久 氏(社団法人日本獣医師会 会長) 
中川 志郎 氏(緊急災害時動物救援本部 本部長)
島村 麻子 氏(アニコムホールディングス株式会社 経営企画部 部長)
西澤 亮治 氏(新日本カレンダー株式会社 ペピイ事業部 取締役)

|

« 被災者と被災ペットを支援するための要望等の動き | トップページ | 解放廊下側の部屋は犬の居場所には向かない »

ペット」カテゴリの記事

イベント情報」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開シンポジウム「飼い主が望む緊急災害時の動物救援体制を考える」:

« 被災者と被災ペットを支援するための要望等の動き | トップページ | 解放廊下側の部屋は犬の居場所には向かない »