ペット

マンションとペットの最近の判例を更新 平成27年「飼育禁止等請求事件」

マンションとペットの最近の判例 に、分譲で、
平成27年4月9日判決 東京地方裁判所「飼育禁止等請求事件」 の他、
平成22年5月13日判決 東京地方裁判所 「猫への餌やりの差し止め等請求事件」
平成19年10月9日判決 東京地方裁判所 「飼育禁止規約での猫の多頭飼育」

賃貸で、
平成26年5月20日判決 東京地方裁判所「慰謝料等請求事件」

を追加しました。

| | トラックバック (0)

マンションとペットの最近の判例を更新「野鳥の餌付け」

マンションとペットの最近の判例 に、平成24年12月14日判決 東京地方裁判所「区分所有建物使用禁止等請求事件」を追加しました。
専有部の使用に関し、いくつかの問題があったようです。ペットと関係あるのはバルコニーでの野鳥への餌付けのようです。 ペットではないという主張のようですが…

| | トラックバック (0)

賃貸マンションでの犬の咬傷事件による損害賠償事件 東京高裁判決追加

「マンションとペットの裁判例」の、賃貸事例で、平成24年11月14日判決 平成25年10月10日判決 東京高裁「損害賠償請求控訴事件」を追加しました。
マンションのペット問題 トラブル解決のために の一覧をご確認ください。

 例の、芸能人夫妻の飼い犬(ドーベルマン)にかまれて負傷した同じマンションの住人が退去したとして、不動産会社が賠償を求めた訴訟の控訴審です。

「東京高裁は、1審の賠償命令額385万円を大幅に増やし、1725万円の支払いを同夫妻に命じた。1審判決で認められなかった小動物以外の飼育を禁じたマンション規定 に夫妻が違反していた責任も認めた形。賠償額の大幅増につながった」というようなことを新聞記事にされていましたが…

| | トラックバック (0)

裁判例に賃貸事例を追加しました

「マンションとペットの裁判例」の、賃貸事例で、平成24年11月14日判決 東京地裁「不当利得返還請求事件」を追加しました。
マンションのペット問題 トラブル解決のために の一覧をご確認ください。

判決文からのみ推測すると、契約時までの犬のサイズ確認で、やり取りがすれ違ったようです。

| | トラックバック (0)

マンションとペットの判例を追加しました

マンションとペットの最近の判例に、平成24年2月8日判決 東京地方裁判所「飼育禁止等請求事件」を追加しました

| | トラックバック (0)

「マンションとペットの最近の判例」更新

平成23年判例、東京地方裁判所「犬の飼育禁止等請求事件」追加

| | トラックバック (0)

マンションとペットの最近の判例事例の不明判決文見つかりました

マンションとペットの最近の判例の、平成12年1月26日判決 東京地裁「都営住宅のペット飼育禁止の確認等請求事件」 の事件番号等の確認ですが、手元資料が見つかり確認できました。
お問い合わせいただいた皆さんには、資料紛失騒ぎでお手数をおかけいたしました。
文書番号を追加記載しました。

| | トラックバック (0)

ペットロスを考える

 動物愛護社会化推進協会さんのシンポジウム、「ペットロスを考える」が、都内で5月19日に開催されます。
 ペットロスは、たんなる流行り言葉ではありません。人の心の問題だけでなく、どれだけ家庭動物とお互いに豊かで心安く暮らせていたかが問われているのだと思います。
 つんつん達も参加予定です。

| | トラックバック (0)

解放廊下側の部屋は犬の居場所には向かない

 室内での犬の熱中症を防ぐために、マンションでは北側の部屋に犬のハウスを置くべきという記事が、ある犬の情報誌に…。
 北側の部屋に、というのは理解できますが、図解では共用廊下側に面した部屋。
 マンション問題を長く取り扱っている私には、ちょっと驚きでした。
 まあ、マンションのグレードや専有部と共用廊下との位置関係にもよりますが、平均的な解放型の共用廊下があるマンションでは、この場所はハウスを置くのに不適切な場所です。
 共用廊下側の部屋は、壁一枚隔ててすぐそばを人が通ります。通気口や窓からその気配は感じやすい場所です。吠え癖を強化する場所、とも言えるのです。
 妻側住戸で、なおかつオートロックのマンションであるなら、その危険率は下がるでしょうが、住戸の玄関に近いという事でも、犬の居場所とするには適所でないと私は指摘します。
 もちろん、飼主が徹底したシツケや社会化を犬に行える、というのなら話は別ですが。

 獣医さんやトレーナーさんといった動物の専門家でも、住宅の専門ではありませんから、住まいについては「う~ん?」という指導をされていることも多いです。
 それに、集合住宅はある特殊な条件がそろっています。戸建てとは違った備えが必要になってくることもあるので、マンション独特のペット問題というものがある事も、マンションで動物を飼う飼主は知っておくべきでしょう。

 マンションでのペット問題は飼主の知識不足が一番の問題です。しかし、その知識をどこからえるのか、というのも重要だとシミジミ感じました。
 仕事に追われて、長いことサイトの更新に手をつけられないでいましたが、リニューアルを早急にすべきだとお尻を叩かれた気持です。 

| | トラックバック (0)

公開シンポジウム「飼い主が望む緊急災害時の動物救援体制を考える」

 特定非営利活動法人「動物愛護社会化推進協会」が、第8回 秋公開シンポジウム「飼い主が望む緊急災害時の動物救援体制を考える」を、10月2日(日)東京にて開催されます。
 私も参加予定です。

 飼主が、自分のペットとの同行避難について避難訓練をしておくことは大切な事ですが、避難訓練自体した事ない人も多いのではないでしょうか。
 実際、避難訓練をできるマンションは、規模が大きくないとなかなか企画できません。
 私の所でも、提案してから数年たって、やっと近隣の自治会と共同で開催できたというかんじです。

 このシンポジウムでは、今後、大規模な災害発生時に備え、緊急災害時の動物救護体制はどうあるべきか、また、行政機関や動物関連団体の役割、飼い主が備えておかねばならないことは何かについて、行政、獣医師会、団体、企業等各方面からパネリストを招き、意見交換を行ないます。

日時: 2011年10月2日(日)13:3~17:00
場所: 葛西区民会館駅」 徒歩5分)
入場: 無料対象: 行政・自治体職員、獣医師、動物看護師、ドッグインストラクター、一般の飼い主等

コーディネーター:
林 良博(特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会 副理事長

パネリスト:
西山 理行 氏(環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室 室長)
山根 義久 氏(社団法人日本獣医師会 会長) 
中川 志郎 氏(緊急災害時動物救援本部 本部長)
島村 麻子 氏(アニコムホールディングス株式会社 経営企画部 部長)
西澤 亮治 氏(新日本カレンダー株式会社 ペピイ事業部 取締役)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧