犬や猫と暮らしているからこそ、臭いには注目していたいもの

Img_1910
犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、トイレのお話し『臭いの管理の重要性』についてです。

動物がいるから、家は多少臭っても仕方がないんだ、と思っている方も多いようですが、「臭い」は環境悪化のサインでもあるので、もう少し注目してほしいのです。
家族の健康のために、不快な臭いがしたら、慣れてはいけないのです。

人も犬猫も、体の免疫力が弱ってくると、排泄物や体臭がきつくなるのは同じです。
室内では、通気の流れが良くないとか、ホコリが隠れているところにカビなどが発生し悪臭を醸し出します。
臭いは、不都合が起きていたり、何かに汚染されている知らせといえるでしょう。

家族と住まいの体調不良に早めに気がつき、未病の内に対処すること、これが一番の薬です。

臭いがしてあたりまえのように思っている「トイレ」や「寝床」こそ、体調不良と室内環境の健全性のために、よごれや臭いの定着を防ぎ、臭いに気がつきやすい状態にしておきたいものです。

設計させて頂いたオフィスが日経新聞に紹介されました

内装設計を 2019-9 させて頂いた、株式会社シロップさんのペットフレンドリーオフィスが、日経新聞に紹介されました。
計画した什器は現在全部はそろっているわけではなくて、ご提案した機能のアイテムを、商品を吟味しながら少しずつご用意されている段階です。
スタッフが増えていく途中なので、全部をいきなり揃えるのではなくて、メンバー似合わせてファジーに動くことは必要と思います。
私が直接取材を受けたのではないので、ちょっとFaceBookの「動物と暮らす住研究所」で補足しています。
こちらも参考にして頂ければ幸いです。

発売中のananの猫特集に協力しました

Anan 5月8日発売の雑誌「anan」の「にゃんこVOVE」特集に取材協力いたしました。
初めて飼い主さんのための住まい工夫と防災関係でコメントしています。

«IKEA Tokko-Bayでペットセミナーを行います。