工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

ねこ5匹の猫保護猫と暮らす ねことりびんぐ リフォーム完了

Img_0321

まだ、工事用の養生がはられたままなのに、猫達が完了検査されています。
この5匹猫達は、飼い主のいない猫の保護と譲渡活動をしている、「ちよだニャンとなる会」で保護された子達。
今は、ジャーナリストのお宅で幸せに暮らしながら、多くの保護猫仲間のために、人のお母さんに協力する形で、会に貢献しています。(えらいぞ!)

かねまき・こくぼ空間工房では、こんな猫のためのリフォームも得意にしています。
ただのリビングを、猫との絆の深まる空間にグレードアップできますが、それはなにも大きな工事ばかりではありません。
同じお部屋で会っても、棚1つ取り付けたり、家具を移動するだけでも猫にとっての空間は倍増します。
猫にとって魅力的な、ステップの高さや見え加減、立ち止まりポイントを適切に配置すれさえすれば、それが人にとっても都合が良い状態であればよいのです。

猫アイテムをイテンテリアで過度に目立たせず、それでいて、猫だけには価値のある猫通路の作り方も得意です。

猫との暮らしが、より豊かで、美しく、なおかつ、家事が楽。そんな暮らし方が広まれば、飼い主のいない猫達を救う、1つの方法と考えております。
生き物が暮らすための必須条件は、環境。環境の提案をできる者の一人として、社会的使命も負っている自負を感じております。
棚1つの位置のベストポジション探しから、マンションのスケルトンリノベーション、戸建ての新築工事まで、設計とアドバイスを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

» 続きを読む

犬と猫のための、リフォームや転居にまつわる、 住まいと住まい方の注意事項

Ani13

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは 『住まいをメンテナンスする時の配慮』

  春は就職や転勤、引っ越しなどで生活環境が変わることも多い季節。
 ライフスタイルの変化で、住まいをメンテナンスされる方もおられるでしょう。

住まいの状況が変わることは、犬や猫達にとって大きなストレスになります。そこで少しでも負担を減らす工夫をしてあげましょう。
 ほんの小さな気遣いが、特に5才以上になった犬猫達には大切です。

内覧会のお知らせ

Photo_2

 友人のアスプル建築設計との共同設計をさせていただいた「かまくらげんき動物病院」が、無事オープンを迎えることになりました。

 病院では、移転オープンに先立ち、かかり付けの方を中心に内覧会を開催することになりました。

日時:平成27年5<月21日(木)>時~18時頃まで。

場所:鎌倉市笛田(最寄り駅はJR藤沢駅・小田急藤沢駅です)

当日は、設計者の私と岩倉氏が待機しておりますので、ご希望の方は、メールにてご一報ください。

» 続きを読む

« 猫の楽しみは低い場所にもある

私的研究所

私的記録

私的生活

無料ブログはココログ