工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

猫と暮らす住まいのつくり方

51xjgxoctl_sl160_監修した「猫と暮らす住まいのつくり方」が、ナツメ社さんより発行されました。

猫と人が快適に過ごせる住まいを模索する飼い主さんのために、さまざまなライフスタイルに応じた住まいの事例を紹介されています。
今回は、図説多めにして、各事例毎の「猫から見た猫の動線」についても触れてみました。
「寸法より大事なこと」をプッシュしてみたつもりです。

「リフォームなんてハードル高いし」
「賃貸だし」
とお考えの方にも、できることがあること、
今ある机やタワーなど「意味ある場所」に置くだけで、「猫の道」を創れる、ということを
再度ここでもご提案しています。

最寄りの書店でお手にお求め下さい。

アマゾンでも売っています。
https://amzn.to/2Or4vpr

どうぞよろしくお願いいたします。

» 続きを読む

防災減災のための、犬のいる家庭の工夫とリフォームを提案しています

Jkc

愛犬団体のJKCさんの11月の会報の、防災特集に協力いたしました。
「リフォーム」とありますが、工事の発生するプランから、いつもの私の得意な、「今ある家具を使えってみる」提案も載せています。

皆さんのお役にたてますように。

犬の隠れ家とトイレスペースのサイズは違う件

180233

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、トイレのお話し『犬の隠れ家とトイレ場所の違い』です。

私は度々、犬の隠れ家として、壁面収納やカウンター下を有効活用する方法をお勧めしています。
何しろ、色々なトラブルが減るからなのですが、ちょっとやっかいなのか、「静かで誰にも邪魔されない」「人の邪魔にもならない」という点から、トイレの場所によさげな位置関係であることです。
トイレにする場合、隠れ家である場合の必要なサイズや向きなどが変わってくるので、今回はそんな注意点の話をしてみました。
どうぞ、お役に立てますように。

女性建築技術者向けの犬猫共棲住環境の講習会報告

Ccf20180814_2

女性建築技術者の会の会報「定木」が届きました。6月の田島ルーフィングショールームで行われた「犬と猫の住まい」講習会の報告が掲載されております。
項目の整理がすばらしいですが、丁寧な感想もありがたく、どういった内容だったのかも触れられるかと思います。
女技会のHPはこちら→ http://jogikai.com/

«女性建築技術者向けに「犬と猫との住まい」の講演をいたします

私的研究所

私的記録

無料ブログはココログ