災害でのペットとの避難と減災に向けて知識のワクチンとしての情報発信をしております

この度の台風19号の影響により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

今回の関東近県から東北地方の広域に被害をもたらした台風は、過ぎ去った後も被害を拡大させており、被災地の方の苦難は想像を絶する物であります。

金巻も参加している、ペットとの減災の研究と普及啓発をしているNPO法人ANICEでは、FaceBookツイッターで必要最小限ではありますが、飼い主さん達の知識のワクチンとなるように、情報発信を行っています。
これから避難する方、また被災時の飼い主さんは、被災中の周囲の方々や動物たちへの配慮のや知っておきたい対策など、減災のために目を通して頂けると安心です。

FaceBook  https://www.facebook.com/npo.anice/
ツイッター  https://twitter.com/anice_on_tw

日本は、地震だけでなく豪雨災害や火山の噴火等で災害が多い国です。
防災と減災のために、国や自治体だけでなく、個人としても配慮を要されています。
近年西日本で甚大な被害をもたらしてきた台風は、今年は西日本にも広がっている状況です。これらは一時的な現象ではなく地球温暖化にともなった影響とも見られており、今後も同様な規模の台風に見舞われるという認識が必要とも考えられます。
犬や猫も家族ですので、どうぞ平常時からの対策と、緊急時での対応の知識のワクチンをお願いいたします。

被災された皆様の生活が1日も早く平穏に復することをお祈り申し上げます。

犬や猫と暮らすお部屋での家具を選ぶには? セミナーやります

この度の台風の影響により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

Ani2-36 家庭動物住環境研究家である金巻は、犬や猫といったペットと暮らすご家庭の建築設計だけではなく、住まい方をトータルサポートするべく研究提案しております。

大塚家具さんの有明ショールームで、犬や猫と暮らす時の、家具選びに欲しい考え方のセミナーを開催します。
IDCペットセミナー:「住まい方を犬と猫と考える」

  • 日時:2019年11月2日(土)11:00~11:45
  • 会場:IDC OTSUKA 有明本社ショールーム 3階ペット家具コーナー

 

まずは、「どう住むか」「どう暮らしたいか」という生活の基本について、考えてみませんか?
人によっても快適に思える物、感じる住まい方がありますが、犬や猫もその家庭毎に快適な暮らし方が違うはずです。
「どう暮らしたいか」という方向性を整理することによって、我が家での必要なものも判断できてくるでしょう。
住まい方の方向性整理へ、小さなお手伝いをできるように、金巻的な「こう考えると、もっと犬や猫との暮らしが楽しくなる」というポイントをご紹介します。

展示品を眺めつつ、こじんまりやれる予定ですので、レクチャーの後ご質問もお気軽に。

保護猫シェルターのガイドラインのお手伝いしました。

2019royalguideline ロイヤルカナンさんのプロフェッショナル向け事業の「保護施設にやってきた猫が健康に過ごすためのガイドライン」にて、施設内設備の参考資料を少しご協力しました。

このところ動物保護シェルターの福祉環境の問題が取りざたされています。
何もない場所に0から新築計画できれば比較的整備しやすいのでしょうが、実際は小さい施設で、既存の建物や空間を再利用して、様々に工夫して頑張られているのだと思います。
福祉環境の改善と、施設運営の現場で努力されている方の支援に、少しでもなれたならばと幸いです。

«犬と猫との暮らしについて、HOME CLUBさんの取材を受けました。