« 月刊WAN | トップページ | 猫のデクロウ(抜爪手術) »

ペットのためのハーブ

4901491210 アメリカのハバーリスト、Gregory L.Tilford氏による「ペットのためのハーブ 基礎と臨床応用」のセミナーに参加してきました。
 合わせて、「ホリスティックセラピー」も。

 ティルフォード氏は「Herbs for Pets ペットのためのハーブ大百科」という本の著者ですので、御存知の方も多いでしょう。

 「何で建築士がハーブ?」と思われるかもしれませんが、家には庭はつき物です。庭のアイテムにはハーブも入ってきます。
 庭のつくりというのは、動物がいると非常に効果的なアイテムにも、やっかいなにもなります。
 私の場合は「住まい方」を提案しているので、この辺を造園家に丸投げするような事はしないのです。
 例の「窓開け運動」を勝手に推進するにも、飼い主さんが窓を開けやすくする工夫が欲しいもの。そんな時、お庭(植物)が素敵で便利なアイテムにもなってくれるのです。
 庭のつくりで家の温度の調整までできるのですから、家の暑さ寒さ、光熱費をどうにかしたいと言うのなら、もう少し目を向けて欲しいものです。
 やっぱり、犬や猫との生活は楽しくなくてはね。

 さて、セミナーには獣医師以外にも、何らかの疾患を抱えてらっしゃる飼い主さんが多く参加されており、その悩みにも驚きました。
 私もアレルギー疾患の方から相談される事が多いので、困っている人は案外多いのだとはわかっていましたが、そんな生易しいものではないのだなと実感もしました。

 ティルフォード氏は、とても親しみやすい方で、一つ一つ丁寧に質問に答えてくださいました。
 私も少し質問をしてお話をする事が出来ましたが、ハーブの名前がうまく伝わらなくて顔から火が出そうになりました……。
 生食の件は、やはりもう少し調べないと、是非は今のところ言えません。

 ちなみに、ティルフォード氏の調合したハーブは、我が家のアレルギー猫も使っています。
 かなり効果があったっと思っています。(だからこそ、丸一日もあるセミナーに参加したとも言っていいのですが)
 翻訳者の金田郁子さんには、いつものボランティアセミナーでお話を伺い、アレルギー&好き嫌い多い困った猫へのハーブのアドバイスをいただいていました。
 その調合されたハーブは、「NORA」さんで通販で手に入れる事ができます。

« 月刊WAN | トップページ | 猫のデクロウ(抜爪手術) »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

イベント・セミナー類」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペットのためのハーブ:

« 月刊WAN | トップページ | 猫のデクロウ(抜爪手術) »