« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

ジェフリー

1  スクールやセミナーで御紹介していたOさん宅のアメリカン・コッカ・スパニエルのジェフリー君が、15日に天に召されました。

 酷いアレルギー症状で全身脱毛したり、一時は命も危ぶまれていた彼は、名獣医師の井本先生と家族の献身的な愛情で復活。心臓肥大も抱えていたようですが、14年の生涯をフサフサの毛で無事に終えられたようです。

 彼とOさん家族に教えられた大切な事が沢山ありました。御冥福をお祈りすると共に、沢山の感謝を送ります。
 本当にありがとう。また会いたいよ、ジェフ。

ダックスファミリースペシャル

Dachs 「ダックスファミリースペシャル」 発行:成美堂出版さん
(11月15日発売)

の特集「シニア犬いきいき大作戦」住まい編 を監修協力いたしました。

 「安全・清潔な住まいづくり」というものですが、シニアになる前からの対応が後々の健康に大きく貢献しますから、「若いから」と言わずに早めに考えて欲しいものです。

 今回も、リフォームなどの大掛かりな事ではなく、今すぐに出来る事の数々です。
 これから乾燥が心配な時期ですから、特に空気環境に配慮してくださいね。

冬のお留守番

Inyno_1  ベネッセさん発行の「いぬのきもち」12月号の特集で、「冬のお留守番」の住まいの方を監修いたしました。

 さて、編集さんから何度か確認されたのが湿度の事です。「60%は高くないですか?」というもの。
 冬場は45~55%が快適値と言われていますし、獣医さんの中では「30%にならないように」という言い方をされます。30%以下になると、パルボウイルスなどの犬には大敵のウイルスが活発になるからです。
 ウイルスの問題だけなら、45%でもいいでしょうけれど、呼吸器のストレス(犬も人も猫もね)を考えると低すぎます。
 また、犬は比較的乾燥に強い生き物ですが、冬場の問題は暖房機を使うことにあります。
 

続きを読む "冬のお留守番" »

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »