« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

年末年始

Photo_1  今年も押し迫ってまいりました。
 12月に入って完了の仕事が多かったので、怒涛の師走でした。
 執筆関係の締め切りが11・12月に重なったり、ゆっくりじっくりの計画だったはずの設計案件が前倒しになったり……
 どうにか一息ついてホッとしておりますが、振り返ればバタバタ状態でお客様をお待たせするなど失礼が多く、反省しきりです。

 さて、写真はアスプルの岩倉さんが設計したダックスのいるお家です。
 5月頃にアドバイスをさせていただきましたが、今月無事に竣工となりました。
 竣工写真はホームページでの掲載をお施主さんに了解いただけましたので、整理して載せさせていただこうと思っています。
 ダックスさんのスペースは少し難しい問題があったのですが、岩倉さんの機転できれいにまとまっていると思います。

 来年は早々に、長いこと取り組んでいた「マンションで犬や猫と上手に暮らす」(発行/新日本出版社)が発行されます。デザインが届きましたら御報告いたします。

ドッグトレーナーの勉強会

026 NPO 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPTD)の第一回カンファレンスに参加してまいりました。
 JAPTDは、簡単に言えば家庭犬のトレーナーのための教育及び交流の場で、イギリスの獣医師で行動学者のイアンダンバー博士が創設したペットドッグトレーナーズ協会(APDT)の日本版、でしょうか。

 4日間に渡ってつくばで開催されました。仕事があるので流石に全部は参加できませんでしたが、米国の著名なトレーナーさんをはじめ、どうにか幾つかの講演を拝聴できて大満足でした。

 知り合いが何人か参加していたはずなのですが、幾つか会場があってすれ違いばかり。学生さんも参加されていて興奮気味に感想を述べ合っていて、私もこの感動を友達と分かち合いたいのに! と羨ましかったです。
 ひとつの事でも、トレーナーさんによって色々考え方や方針が違う事を改めて感じたのです。

 獣医師でトレーナーの五十嵐和恵先生が、あんなにすごい先生なのに、とても可愛らしい美人でビックリでした。
 そして、些細な質問に優しくとても丁寧にお答えくださって、とても感謝しています。

猫のための室内の工夫

Photo  「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

 今回は「猫を室内で安全に遊ばせるために」という題名。前回犬中心でしたから今回は猫の為の事を。(でも次回は犬を室内で遊ばせるための工夫をとは考えていたり……)

 猫の住環境に関しては、少し誤解もあるようですから、その辺の修正ができるようにと、新築やリフォームの時だけでなく、今すぐできる工夫も一緒にあげたつもりです。

 今すぐ出来る工夫は、お家の猫さんと色々試しながら相談し、リフォームする時にその傾向を組み入れてあげるような、そんな考え方でもいいかなと思います。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »