« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

プロユーズ・リフォームセミナー

Dog  8日に、M社さんのコーディネーター向けリフォームセミナー第一回が終了いたしました。

 飼い主さん向けではなく、住いを御提案する側への情報提供でしたから、基本的な事項と共に、トラブルを誘発する可能性の高い避けるべき提案を、代表を幾つか御説明してみました。
 コーディネーターさんのプラスの提案ができる為の、コネタも幾つか。
 お役に立てたでしょうか。

 2時間の講義のあと、質疑応答がなんと1時間にもなってしまって大変でした。
 ただ、既に犬や猫との住いの御提案をされてきた方々でしたから、だいぶ有意義な質疑が多く、久々にこちらも満足するような内容でした。
 終了後のアンケートを拝見しても、短絡的に「ペットリフォームは、これね」的な理解をしている方が全く居なかったのには関心させられました。

 住いと言うのは、基本がどうとかより、その家族がよければそれで十分だと思っています。「素敵」に見える「危険」さえ避けさえすれば、「ペットリフォームは、これ」というつまらないものではなく、楽しい提案が沢山出来るはずです。

 と言う事で、今回は東京でしたが、今年はこのシリーズで出張が増えそうです。

犬と室内で遊びながらトレーニングする

 「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

 今回は「室内で犬と遊びながらトレーニング」という題名。
 シツケ(トレーニング)というのは、シツケ教室でやれるものと思っていると失敗します。
 「お教室に行く」ということ自体がコマンド(号令)となってしまい、お教室以外ではあまり上手く出来ないという事にも繋がります。
 どんな場所でもどんなタイミングでもコマンドに従ってもらえる事が重要ですが、それは、毎日の生活の中で行うべきことです。
 普段のちょっとした弾みにゲーム感覚でトレーニングを行うと、人も犬も楽しめます。楽しい事は犬も率先してやってくれますし、何より家族が楽しんでくれている事が犬への御褒美。
 ということで、お家の中でどういったスペースがあれば、どういったトレーニングが可能になり、室内の工夫はどうしたら? と言うことに焦点を当ててみました。

 ところで、我が家の猫は、「オイデ」「下りて」「出て」というコマンドには素早く反応してくれます。猫もこの程度のコマンドを持っていると便利ですよ。
 テーブルにのってしまった時になど使いますが、このコマンドが使えると怒らずに褒める事が出来ます。怒ったって猫には関係ありませんしね。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »