« ONESELF | トップページ | 住いの5ポイント »

場所と扉の関係を考える

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

 今回は「扉の安全と工夫」の第二回。
 犬が落ち着いて気持ちよく暮らすためには、人が日常からリーダーシップをとってくれていて、自分を守ってくれていると犬が感じる事が必要です。
 リーダーシップを人がとっている事を犬に示すのは、実は住いの工夫でも可能です。それは「出入の優先権」を人が持てるようにすること。

 つまり、出入り口の工夫をしてみればいいのです。
 今回は使い勝手の話も合わせています。
 安全面に関しては次回に持越しです。

« ONESELF | トップページ | 住いの5ポイント »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

掲載メディア」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場所と扉の関係を考える:

« ONESELF | トップページ | 住いの5ポイント »