« 3月のセミナー終了 | トップページ | 擬人化の危険―吠えグセのある犬にしない »

犬や猫と住む家のための本、出しました

Photo  彰国社さんより、「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」という書籍を出させていただきました。
 5月10日発売です。

 犬と住む家・猫と住む家を作るときに、どういった点に配慮すべきかなどの基本的な話から、今すぐできるおうちでの工夫まで取り上げてみました。
 実際の現場では、それぞれの家族や個体差で住まいの対応策は大きく違うものです。しかし、何か標準的な目安となる方針があれば、それを基準に考えられるようにと工夫しようと思いました。
 今までの飼い主さんからの質問で印象に残ったものをピックアップし、Q&A式に提案させていただいていて、より具体的にお話できたかなと思っています。

 例えば、「せっかく作ったキャットアスレチックが活用されないのはどうして?」などを、建築的な視点でも検証してみたとか。
 イラストレーターの鈴木美保さんのかわいいイラストがいっぱいで、楽しんで読んでいただけるようになったと思っています。

 飼い主さん達が楽に暮らせて、そして、犬や猫が元気に長生きしてもらえる…そんなお家にしていただけるお手伝いが、この本で少しでもできると嬉しいです。

« 3月のセミナー終了 | トップページ | 擬人化の危険―吠えグセのある犬にしない »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬や猫と住む家のための本、出しました:

« 3月のセミナー終了 | トップページ | 擬人化の危険―吠えグセのある犬にしない »