« 擬人化の危険―吠えグセのある犬にしない | トップページ | 大宮北ハウジングステージでセミナー »

読売新聞に紹介されました

Yomi 書籍「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」が、読売新聞の夕刊「BOOK 」の欄で紹介いただけました。

 ただ、残念なのが本の表紙が小さくて見えないこと? 実に我儘な話なんですが。
 でも、そう思ってしまうほど表紙の鈴木美保さんのイラストが可愛いのですよ。
 そこで、表紙の一部分を切り取ってみました。(コミカルですが、ちゃんと書籍内の内容を反映してくれていたりすのです!)

 書籍内のイラストをセミナーで使わせてほしいと我儘を訴え、データーを貸してもらいました。(鈴木さん、どうもありがとうございます)
 だって、可愛いだけでなく、ストーリーのツボを押えてくれているので、とてもわかりやすいのです。
 ですから、セミナーでも鈴木さんのイラストはお見せすることができます。

 書籍の感想を頂く時も、必ず「イラストかわいいです」とおっしゃっていただきます。
 書籍内は、施工例の写真をもっとわかりやすくするためにイラストに起こしなおしてもらった、という編集さんの配慮がありました。そういった工夫のおかげでだいぶ読みやすくなっていると思いますが、さらに、鈴木さんのイラストの可愛さでぐっと親しみが持てて、価値が3割増ししているように感じております。

« 擬人化の危険―吠えグセのある犬にしない | トップページ | 大宮北ハウジングステージでセミナー »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

掲載メディア」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞に紹介されました:

» 犬・猫とのくらしに役立つ本 [くらしを想う*空間を想う]
私の親友であり、仕事上の仲間でもある金巻とも子さんが、新刊を出版されました。 書 [続きを読む]

« 擬人化の危険―吠えグセのある犬にしない | トップページ | 大宮北ハウジングステージでセミナー »