« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

猫の家

005 建築家の廣瀬慶二さんが、15匹の猫と暮らす家を完 成されました。
 その完成空間を披露されるために、専用サイトを創られたとご連絡をいただきました。
 それが、「猫の家」です。

 猫は5匹以上、特に10匹を超えると、一家の中で健康に暮らさせるというのは、かなり苦労をします。

 それは、猫が基本的に単独生活者である事と、そうはいっても、社会活動も行うため、猫同士の関係性をどう空間の中で折り合せるか、という事が出てくるからです。

 猫を室内飼育する時、キャットタワーやキャットウオークをつくればいいのではありません。そこが、猫にとって魅力的で安全、そして、上手く社会的に猫同士が折り合える場所でなくては快適にならないのです。
 快適でないと、折角造った猫用アスレチックは、猫に使われなくなります。
 まぁ、適当に造ったとしても、猫達はどうにかやっていくかと思いますが、猫達はあまり動かなくなり、運動不足→肥満→病気、といった事になりかねません。
 そして、人と暮らすとなると、人にとってどうであるかも重要です。
 完成時も、それからの生活でも美しくないと。

 (ちなみに、写真は当事務所の前所長のウリさんです。彼女は猫アスレチックは全然だめでした。狭い場所も嫌い。猫にも色々いるのです)

 この「猫の家」は、猫達が室内で生き生きと楽しそうに生活している事が見られます。
 そして、空間が美しくて素晴らしい。
 ここまで徹底できたのは、お施主さんの理解と建築家への信頼があってこそとは思いますが、驚くばかりです。

 でも、素敵で面白そうだからって、単純に真似する事はお勧めしません。これは、猫同士のトラブルが起こらない様、問題行動を防いで美しさが保てるよう、深い理解と考察の上に創られた空間なのですからね。表面的にまねれば、失敗しますよ。
 どういった考察を重ねられたかは、「キャットウォークに関する考察」で少し披露してくださっています。 

続きを読む "猫の家" »

ペット法学会「ペットの住まいと旅」

091107jpg  7日に明治大学で開かれたペット法学会のシンポジウムに参加してきました。
 今回は「ペットの住まいと旅」というテーマ。
 今回は知り合いが講演するという事で、ちょっとドキドキでした。

 また、日大法学部の長谷川貞之教授が、「住宅におけるペットの保有・管理と裁判例」で分譲マンションの判例も幾つか(過去の有名判例ですが)取り上げてくださって、過去の社会的認識と現在の社会的認識の変化から、今後は判決の理由・方向が変わっていくはずだとご講演されていました。

 そこで、不躾にもお呼び止めして、例の東京高裁平成19年の曖昧規約での飼育禁止の判例についてご意見を求めましたら、もう少し調べて、何かの形で見解を出しましようか、とおっしゃってくれました。
 弁護士の矢花公平先生といい、えらくなる方と言うのは、なんでこんなに腰が低くて親切なんでしょうか。

 年々参加者が減ってきてしまっているようでさみしいですが、それはそれで有意義に意見交換できていますから、私には良い感じです。

ペットの社会化とインテリア

Fes4 11月11日(犬の日ですね!)~13日まで東京ビックサイトで開催されるJAPANTEX2009で、「ペットの社会化とインテリア」という変わったタイトルで講演します。
 「インテリアトレンドショー JAPANTEX2009」は国内最大級のインテリア総合見本市です。
 ここのところ連続して講演をご依頼いただいていますが、今回も出る事になりました。

 今回は一般の飼主さんへのお話ではなく、インテリアメーカーさんやインテリアコーディネーターさんに、犬や猫の「社会化」という事を知っていただこう、というものです。
 すでに「社会化」をご存知の方々には、「インテリアとなんの関係が?」と思われるかもしれませんが、私は住まい作り、特にインテリアが後押しできる事は大きいと思っているのですよ。
 その簡単な例をご紹介しつつ、私が取り組む社会活動を案内します。

 ペット(家庭動物)として生きていく犬や猫には、人間社会で触れていくであろう色々な物や生き物、そして現象に慣れている事が、楽に生きていくために必要です。
 これからの生活で出会うだろう、色々な刺激に慣れ、さらにはその社会のマナーを覚える事。それが「社会化」と言われるものなのです。
 特に、犬は人社会だけでなく、犬社会でのマナーや会話方法も必要。ならば、楽しく遊びながら社会化を進めよう、という取り組みが各地で「パピーパーティ」として開催されています。
 パピーパーティでは、その子がどういう性格かもわかるので、飼主さんがこれからどうその子と接していくかを覚える事もできますし、飼主さん自体も情報や知識を得るチャンスです。
 私は「仔犬の社会化促進委員会」の委員でもあり、この重要な機会を気軽な形で参加できるよう、飼主さん達に広める活動をしているのです。
 今回のセミナーは、そういったペット界動きや飼主さん達の気持を知って、仕事に生かしてほしいというものです。

 会場などの詳細は、JAPNTEX公式ページでご確認ください。
 私は最終日の13日の金曜日、最終回です。 

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »