« ペットの社会化とインテリア | トップページ | 猫の家 »

ペット法学会「ペットの住まいと旅」

091107jpg  7日に明治大学で開かれたペット法学会のシンポジウムに参加してきました。
 今回は「ペットの住まいと旅」というテーマ。
 今回は知り合いが講演するという事で、ちょっとドキドキでした。

 また、日大法学部の長谷川貞之教授が、「住宅におけるペットの保有・管理と裁判例」で分譲マンションの判例も幾つか(過去の有名判例ですが)取り上げてくださって、過去の社会的認識と現在の社会的認識の変化から、今後は判決の理由・方向が変わっていくはずだとご講演されていました。

 そこで、不躾にもお呼び止めして、例の東京高裁平成19年の曖昧規約での飼育禁止の判例についてご意見を求めましたら、もう少し調べて、何かの形で見解を出しましようか、とおっしゃってくれました。
 弁護士の矢花公平先生といい、えらくなる方と言うのは、なんでこんなに腰が低くて親切なんでしょうか。

 年々参加者が減ってきてしまっているようでさみしいですが、それはそれで有意義に意見交換できていますから、私には良い感じです。

« ペットの社会化とインテリア | トップページ | 猫の家 »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

イベント・セミナー類」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペット法学会「ペットの住まいと旅」:

« ペットの社会化とインテリア | トップページ | 猫の家 »