« ペットのために、カーペットの活用と選び方を考えましょう | トップページ | 港北の動物セミナーで講演します »

設計計画ー犬と猫をひとくくりにしない

Photo エックスナレッジさん発行の建築専門誌「建築知識」ー2010年3月号 最高の[リフォーム]を提案する方法ーにご協力いたしました。

 「ペット」のコンテンツで、「犬と猫をひとくくりにしない」という見出しです。
 この話をすると「犬と猫は仲が悪いから?」と誤解される方がいますが、そんな理由ではありません。個体の健康管理を上手にしたい、という飼主さん達の想いを形にできるように、と最近の課題にしているので、その提案の一部を公開したものです。

 また、「ペットと暮らす家は床材がすべてではない」というコラムも載せていただきました。
 最近の「床材は?」という質問と安易な提案をする傾向に、日本のペットとの住文化への強い不安を私が持っており、編集さんがその気持を理解してくれたため、枠をとってくれたものです。ありがとうございます。

 色々いいアイテムがでてきましたが、メリット・デメリットは個体や家族差で大きく左右されます。カタログ情報を鵜呑しない、というのが、企画力を発揮するポイントかなと思っています。

« ペットのために、カーペットの活用と選び方を考えましょう | トップページ | 港北の動物セミナーで講演します »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設計計画ー犬と猫をひとくくりにしない:

« ペットのために、カーペットの活用と選び方を考えましょう | トップページ | 港北の動物セミナーで講演します »