« ONE BRANDさんに協力 | トップページ | 廣瀬先生の胡蝶蘭 »

窓辺に猫の寛ぐスペースを

Ani02犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

 今回は「窓辺に猫の寛ぐスペースを」というテーマです。

 リフォームでも新築でも、キャットウォークやラダーなど、大がかりな猫アスレチックが流行っています。
 猫にもお施主さんにも「楽しそうに遊びまわっています」とか喜んでいただけていましたし、私も楽しくやっていたのですが、最近猫さん達の様子を見ていて、ふと「これで本当に良かったのか」と小さな疑問も出てきました。
 「人と猫」との関係の疑問です。
 まあ、飼主さんや家族が楽しんでいただけていれば、「住まい」としてはそれで問題はないのですが、絆や家族関係に関わる事となれば、研究者としては、付きつめて考えなくてはと思います。 

 そんな事を考えていた時に、ふとペットショップの家具売り場で見かけた、腰高さほどのキャットタワー+アスレチック。「これ! 上手く活用してみて!!」と声をかけられた気持になったのです。
 家が狭くて「キャット・ウォークとか、猫アスレチックなんて無理」とか考えていなかった方に、大きなも仕掛けばかりが猫の空間を広げてあげるわけではない、とお勧めします。

« ONE BRANDさんに協力 | トップページ | 廣瀬先生の胡蝶蘭 »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

掲載メディア」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 窓辺に猫の寛ぐスペースを:

« ONE BRANDさんに協力 | トップページ | 廣瀬先生の胡蝶蘭 »