« 音が犬や猫のストレスにならないために~窓編 | トップページ | イヌとネコと住いの新聞連載開始 »

経過調査のお伺いと、外回りの日々のメンテナンスのすすめ

A0027_001927

 今年は厳しい夏、長い残暑、となっています。そもそも、ここのところ、豪雨や強風、急激な気温変化と一年中厳しいといってもいいですね。
 建物も傷めつけられているので、数年前に竣工したお宅へも、この夏は経過調査をかねてお伺いして回っています。
 比較的、時間がたってもワンちゃんは覚えていてくれる事が多いので、暑くてバテバテでもちょっと元気になります。

 換気機器のお手入れ状態をチェックできるので、合わせて小まめなお掃除のアドバイスをしています。
 お掃除不足で逆流現象が起きているというトラブルが24時間換気になってから多いそうです。犬や猫がいればそれだけ汚れも付きやすいわけですから、より注意しないといけないと思うのです。
 アイテムを有効利用するには、日々のメンテナンスも心がけませんとね。

 そして、今年は暑さ枯れする草木が多いのですが、これで思わぬ影響が……。
 ご自宅のバルコニーやお庭の排水周りを確認してください。
 ご近所に街路樹や公園の大きな木がある場合は要注意です。秋でもないのに落葉し、我が家のバルコニーに風に乗ってやってきて、排水路を塞いでしまっている事もあるのです。
 暑さから窓をあけてバルコニーを眺める事も減っている時期で、その枯葉が排水口(格子状になっていたりします)に溜まってしまっているのに気付きにくくなっています。この状態でゲリラ豪雨になると、いらぬところに水が押し寄せて来たりして厄介です。
 夜の熱気が落ち着いた時にでも、バルコニーや庭先を点検してみてくださいね。

 それにしても、帰ってくると暑さ疲れでビールも飲めません。やぁ、まいりますね。 

« 音が犬や猫のストレスにならないために~窓編 | トップページ | イヌとネコと住いの新聞連載開始 »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経過調査のお伺いと、外回りの日々のメンテナンスのすすめ:

« 音が犬や猫のストレスにならないために~窓編 | トップページ | イヌとネコと住いの新聞連載開始 »