« 雑誌「REREIEVER」にて監修いたしました。 | トップページ | 「建築内装材・設備ガイド」に寄稿しています »

東北地方太平洋沖地震の被災ペット達にも救援を

東日本大震災で被災した皆さまに、こころよりお見舞い申し上げます。

 被災したペットの救護活動のために、日本緊急災害時動物救援本部が(事務局:日本動物愛護協会)が、今回の義援金の受付も開始しています。
 詳細は本部の情報をご確認ください

 緊急災害時動物救援本部のHP立ちあがりました(4/1追加)

 被災したのは人ばかりではありません、共に家庭で暮らしていた動物達もです。
 野生の動物と違い、家庭で暮らしていた「ペット」と言われる動物達は、人の支えがなくては生きるすべを持ちません。
 ペットを飼っている方、動物たちを愛しいと思う全ての方、
 被災動物の救護活動への支援ができます。どうぞ貴方の気持を届けてあげてください。
 金巻も、一飼主としてだけでなく、家庭動物をキーとした建築を手掛けるものとして、日頃のご縁返しを含め、できる限りの支援をするつもりでおります。

 義援金は不審なものが横行していますので、行先や使用目的がハッキリしている団体を通し、援助をするように気をつけましょう。
 上記、「日本緊急災害時動物救援本部」は平成8年の阪神大震災を契機に政府の仲介で設立した、信頼ある4団体によって構成されています。私も日本愛玩動物協会などに登録しております。

●緊急災害時動物救援本部の構成団体

 ・財団法人 日本動物愛護協会
 ・社団法人 日本動物福祉協会
 ・公益社団法人 日本愛玩動物協会
 ・社団法人 日本獣医師会

●日本緊急災害時動物救援本部主な活動は、以下のものです。

 ・被災動物の救護等のための人材派遣・物資提供・資金供与
 ・救護活動を円滑に実施するため、政府・都道府県等の関係行政機関との連携
 ・緊急災害発生時の効率的な救護活動のための予防措置

●義援金募集口座

 みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022)
 ※みずほ銀行ではございません。
 普通預金 4335112
 口座名 緊急災害時動物救援本部
 (キンキュウサイガイジドウブツキュウエンホンブ)

 重ねてご協力をお願いいたします。

  
 また、ご自分が被災された時に慌てないよう、日頃からペット同行避難ができる場所、またマンションなどの自治組織の非常時の申し合わせを確認しておきましょう。
 池田潤子さんが代表を務める、特定非営利活動法人ANICE(アナイス動物と共に避難する)さんで、避難する際の注意点や日頃の準備、また地域の避難場所などの情報提供をしています。

« 雑誌「REREIEVER」にて監修いたしました。 | トップページ | 「建築内装材・設備ガイド」に寄稿しています »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震の被災ペット達にも救援を:

« 雑誌「REREIEVER」にて監修いたしました。 | トップページ | 「建築内装材・設備ガイド」に寄稿しています »