« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

建築学会のペット共棲シンポジウム終了

Photo 25日の日本建築学会シンポジウム「ペットと暮らす居住空間への新たな提案」が無事に終了いたしました。
 またも会場写真取り忘れました(汗)マメに写真とる習慣がつかなくて・・

 ほぼ満席と言う感じで盛況でした。内容は私としては50点かな。すみません辛口で。
 だいぶレクチャーしてきたので、今の家庭動物を取り巻く環境や飼主達の気持を建築研究者たちに理解してもらえたと思ったんですが、甘かった。
 「動物の環境アセスメントを適正に整える」こと(飼主達にとっての「うちのコの安全と快適性」)は、「住空間の保全」はもちろん「人にも快適」で、その2次効果的に「近隣への迷惑防止」にもなる。動物の福祉と都市の健全性の両立している。というのが私としては提案の柱でした。

 でも、なんか発表は「迷惑防止」「汚れ防止」がいつの間にか前に出てきてしまっていて・・・
 今回は動物福祉の観点に立っての調査なのだから、それでは逆になってしまう。
 メンバーはそれぞれ頑張って視点を変えていったのですが、発表で原稿から顔を上げて話すと、視点が戻ってしまっていました。
 やはり、今までの人生で培った強固な固定観念があるわけで、それをぶち破るのは、ちょっとっやそっとのレクチャーを聞いたぐらいじゃ難しいということでしょう。

 ま、これは新しい動物福祉を建築からも見直すための第一歩、礎、土間コン、捨てコン、割栗? 杭・・・(汗)にはなったと思います。

 学会外だけでなく、建築学以外の獣医学や福祉関係の学生さんにも沢山参加いただけたようですし、企業さんも多かったそうなので、思い込みのない柔らかい思考で新しい研究と開発を進めていただければ嬉しいです。
 そして、驚きなのは、私が以前にペロッと出した提案書が学会の内外の知らないところで読まれていて、これをもとに研究したいという学生さんがいてくれたこと。ありがとう。

 そして、業務の遅れなどでだいぶお施主さんや仕事仲間にご迷惑をおかけしてきましたが、今日から通常業務に戻りました。これも、支えてくださってありがとうございます。

続きを読む "建築学会のペット共棲シンポジウム終了" »

佐藤錦

110626_151527 竣工後のご様子伺いでプチパーティ会開催。その席に、なんと高校のOGが! ​世間は狭いのでした。

 ちょっぴり足の長い豆柴のタンゴさんとリンゴさんは、トレーニングの成果が素晴らしかった。
 そして、工事中に容態が悪化してしまっていたお婆ち​ゃん猫さんも、バリバリに復帰していた。ほっとしたです。この猛暑の中、快適なお家が体にも良かったのかもしれないけど、竣工後にいつもの眺めのお家に帰れた、っていうのは大きかったのかもしれませんね。

 写真はデザートの佐藤錦。美味しいお手製のサンドイッチとかケーキとかあったんですけど、ワンコ達と遊ぶのに熱中してしまって、また写真撮り忘れてしまった(汗)。
 美味しいごちそうをご用意してくださったお施主さん、ありがとうございます。遊んでくれた猫さん達もありがとう。
 そして、素敵な出会いをくれた森先生、ありがとうございます。元気を沢山もらえた出会いでした。

 さて、さくらんぼの奥の黄色い丸いものは、枇杷ではなくて、ワンコ用のお菓子。硬かった(汗)
 桃とか西瓜とか、もう少ししたらブドウとか、果物が美味しい季節になりますね。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »