« 被災時のための日ごろの備えについてラジオで話してきました。 | トップページ | ペット用くぐり戸のチェックポイント »

相手の気持ちを考えるワークショップ始動!

L_2 神奈川県の藤沢駅近くのカフェでティーパーティ風のワークショップを行います。

ペットとくらしシリーズvol.1
「ちゃんとダメして しっかりほめて!」
日時:3月22日(木)14:00〜16:00

  犬や猫とくらしていて、色々な「困った」を抱えている飼い主さんはたくさんいます。
 その中でも、こちらの気持ちや指示を、ちゃんと犬猫に伝えられないというのは、共通した悩みごと。
 私たちは、「いけない」や「してほしいこと」を上手につたえられてあげられているんでしょうか? 犬や猫たちに困惑せているだけになっていない?
 ちょっとしたゲームで、家庭の中で暮らす犬や猫の気持ちをプチ体験できるかも、という試みです。
 犬や猫の気持ちだけ? 飼い主やお母さんだけ?
 いやいや、すべての心を持つ生き物がコミュニケーションをとる時にも同じです。
 子育てや部下を持つ社会人、これから色々な文化や言葉の違う人に出会っていく子供たちにも「気付き」が得られるゲームなので、飼い主以外の参加も歓迎しています。

 この試みに協力してくれるのは、お母さん建築士4人のサークル「Shiki_Design」さん。ブックカバーやコースターなどの住まいで使う小物作りのワークショップなどで、女性や子供たちに向けて住まいの文化活動をしている方たちです。 
 家は箱ですが、機能のある箱です。どう使うかは住み手しだい。どうせなら楽しくゆったり使いたいですね。 
 お茶会的な少人数の集まりですから、お近くの方は参加してみませんか?
 詳細はこちら へ 

場所:りせっとかふぇ藤沢店
参加費:2000円(ワンドリンク・ミニブック・ゲームキット付)
主催:住まいの設計グループ Shiki Design
講師:金巻とも子(一級建築士、家庭動物住環境研究家)
お申込み・お問合わせ:TEL080-4079-8283(りせっとかふぇ藤沢店

 さて、この試みは「ぱるデザインらぼ」という研究活動の一つです。金巻の学術研究と個人社会活動の総合バージョン。
 金巻は、地域で暮らす人たちや動物たちとの、健康な暮らしのために、建築という箱の視点から切り込んでいく研究活動をしてきました。
 その中でも、研究者ではない普通の家族。つまり、お父さんお母さんに子供たち、お年寄りや近所の仲間、そして一緒に暮らしている動物たちといった身近な間柄で、特に自分たちの住まいの事を考えてもらう、子供でも楽しいワークショップをしたいと準備をしていました。
 犬や猫にウサギに小鳥といった動物たちとの暮らしが身近な主題ですが、大きくはコミュニティや日本全体の文化の育成につなげたいなと思っているのです。

 

« 被災時のための日ごろの備えについてラジオで話してきました。 | トップページ | ペット用くぐり戸のチェックポイント »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

イベント・セミナー類」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相手の気持ちを考えるワークショップ始動!:

« 被災時のための日ごろの備えについてラジオで話してきました。 | トップページ | ペット用くぐり戸のチェックポイント »