工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

パナソニック住まいの情報誌「Otonari」に協力しました

Otonari

パナソニック暮らしの情報誌「Otonari」Vol.11の
「住まいの「お悩み」相談室」の監修協力いたしました。

「もっと快適に猫と暮らすには、どうしたらいいですか?」
という質問で、猫の住環境のポイントについて、監修しています。

お近くのパナソニックプロイエサービスでお読みいただけると思います。

 

J-PETS月例会「動物にとって暮らしやすい“家”を考える」に参加します

Img_3098

日本ペットサミットさんの月例会「動物にとって暮らしやすい“家”を考えるにパネリスト参加します。

■セミナー概要
◆テーマ:「動物にとって暮らしやすい“家”を考える」

J-PETSのご案内より
「今回は動物にとって暮らしやすい“家”を考えます。
最近ペット共生住宅という言葉を目にする機会が多くなりました。共に暮らすしっぽのある家族にとってどのような住宅が望ましいのか?
  動物の生理学的観点からその動きをつかむ「ロコモーション」研究の第一人者である山口大学の和直己教授,住宅工学を学び数多くの動物との共生住居を設計されている一級建築士の金巻とも子先生をお招きして,皆さんと一緒に考えたいと思います。 」

住宅工学!(汗) 建築工学も「勉強はじめました」な 私です。
独学だったのが心配で、今、コツコツと科学的裏打ちを学術機関でやっておりますが、ひよこです。

 

続きを読む "J-PETS月例会「動物にとって暮らしやすい“家”を考える」に参加します" »

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

私的研究所

私的記録

無料ブログはココログ