« どうしても階段を使わざるえない犬のために | トップページ | シニア犬との住まいは、飼い主さんが楽でないとね »

日本建築学会のPDでペット用建材の最新技術の動向を報告します

Fotolia_52930256_xs

日本建築学会の九州大会で、パネルディスカッションが行われます。
「ペット用建材の最新技術の動向
子育て、高齢者世帯におけるペット対応を中心として」

金巻も「猫と共棲する生活空間」を発表いたします。

〇日時:8月26日(金) 13:30~17:00
〇場所:福岡大学 A棟 A203室
〇参加費:建築関係者は9000円。一般市民は無料なそうな。
http://taikai.aij.or.jp/2016/images/research-and-pd.pdf
(2枚目、材料施工部門-パネルディスカッション(2)参照)

関東支部材料施工専門委員会ペットと共棲する住まいの最前線WGで検討した内容を中心にパネルディスカッションを行うものです。

「本パネルディスカッションではペット用建材の最新動向とともに、犬よりも数が増加している猫との生活空間やマンション共用施設についても主題解説を行う。
ディスカッションでは、「人間とペットが暮らす住空間で今後必要とされること」をテーマとして、高齢者、子育て世帯について配慮が必要な事柄、ペット同伴 の宿泊施設における事例について討論を行う。さらにセルフ・リノベーション(DIY)によるペットとの共棲事例について紹介を行う」

九州方面で、お立ちよりが可能な方は、ぜひお越し願います。
材料専門の研究者が、フラットな感覚で市場に出ている商品を調査をしており、なかなかない機会だと思います。

http://taikai.aij.or.jp/2016/index.html

詳細案内は、
http://pal-design.jp/…/2016%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88PD.pdf
もご覧ください。

« どうしても階段を使わざるえない犬のために | トップページ | シニア犬との住まいは、飼い主さんが楽でないとね »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

イベント・セミナー類」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本建築学会のPDでペット用建材の最新技術の動向を報告します:

« どうしても階段を使わざるえない犬のために | トップページ | シニア犬との住まいは、飼い主さんが楽でないとね »