« 日本建築学会のPDでペット用建材の最新技術の動向を報告します | トップページ | 未病を健康に戻す動物病院の設計をさせていただきました »

シニア犬との住まいは、飼い主さんが楽でないとね

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

Ani01

今回のテーマは『シニア犬との快適な住まい』

私達が年を取ると手助けが必要になるように、犬や猫も年を取ると人の手助けが必要になります。
動物と暮らす時に考えないといけないのは、そのこたちに多くの手助けを必要とする時期がやってくるということです。
人と違ってかわいらしい見た目で、歳をとってしまっていることが判り辛いことがありますが、7才を境にして考えておきたいことです。
環境を急に変えるのは、改善であってもストレスになりますから、早め早めに検討したいものです。

特に大型犬のケアは飼い主さんの負担も体力的に大きくなるので、飼い主さんもいかに楽にケアをできるか、という事が大切でしょう。
今回はそんなお話をしてみました。

    

« 日本建築学会のPDでペット用建材の最新技術の動向を報告します | トップページ | 未病を健康に戻す動物病院の設計をさせていただきました »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

掲載メディア」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シニア犬との住まいは、飼い主さんが楽でないとね:

« 日本建築学会のPDでペット用建材の最新技術の動向を報告します | トップページ | 未病を健康に戻す動物病院の設計をさせていただきました »