工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

新宿で犬と猫との住まいのセミナー行います

Img_3098

3月は、新宿で、一般の飼い主さん向けでお話させていただくことになっております。
TOTO・DAIKEN・YKK APの東京コラボレーションショールームさんです。

特別講演「犬と猫との“三楽暮“住まいのデザイン」
~建築アイテムの適材適所を、犬と猫の立場からも考える~
2017年 3月11日(土) 13:30~14:30

ペット共生空間というと、「すべらない床」「きずつかない壁」なとと、短絡的な落とし込みで終わりがちなので、建材の適材適所は、人と犬猫の住行動と心理面からみたプランニングがあってこそというお話をさせて頂く予定です。

また、今回は特に、「ちよだ猫まつり」のトークショーでお話した「猫の立場から要求する空間」という内容もまたお話させていただきます。

「ちよだ猫まつり」のトークショーを聞き逃された方、お近くの方はお越し下さいね。お待ちしております。
http://www.daiken.jp/sr/pdf/shinjuku20170126-2.pdf

ショールーム
http://www.daiken.jp/sr/shinjuku/
(一番下【お施主様向け】 こだわりのある暮らし方応援フェア 各種セミナー開催 をご確認下さい)

 

建築知識3月号に作品事例として掲載されました

Photo

「建築知識」の猫特集に引き続き、3月号 にも「いぬとねこもりびんぐO邸」が設計事例として掲載されました。
特集「成功するリノベーション」の「ペットと人が暮らしやすくなるリノベーション」です。

「高い位置に猫の遊び場を設ける」という題名が着いてしまっていますが、本当は「お部屋を俯瞰できる場所に猫の遊び場を設ける」でしたね。
失敗。

お近くの書店でお求めいただけます。

ちよだ猫まつりにチャリティで参加しています

2017

今年も、千代田区役所で開催させる「ちよだ猫まつり」に、金巻も「ねことりびんぐ」のブランド名でチャリティ参加しております。

2月18日19日の二日間。

猫のとの住空間の設計事例をスライドで会場で流しております。
猫との暮らしのためのリノベーション「ねことりびんぐ」と、ご訪問しての出張相談「PAL住まいの処方箋」の申込書をご用意しております。
また、この日は、譲渡会にご参加の方や、保護猫のお迎えを検討されている方を対象に、住まいの準備のご相談をお受けしております。その一歩を踏み出すために、ポイントが分かれば意外に簡単な「猫にとっての快適で素敵なお家」のご案内を致します。

18日は、リノベ女子の「建てたがらない建築家」として有名な「いしまるあきこ」さんが、友情参加してくれて、スペースで相談とご案内をしてくれます!
「平井ねこの家」の見学会の案内や、「猫のためのセルフリノベ」のワークショップのご案内などしてくれるとのこと。

19日は、金巻は「人と猫が健康で幸せに暮らす家」でトークショーに登壇するため、スペースを空けますが、この日は、プチ「猫リノベ」「犬リノベ」に協力してくれている、工務さんが在籍しております。施工をご検討されている方は、お声かけください。

続きを読む "ちよだ猫まつりにチャリティで参加しています" »

設計者向けの家庭動物と住まいについてのセミナー

202160408_9_2

大阪にて「犬猫に人との住まいを楽しんでもらうための建築的工夫」セミナーを開催致します。

2017年2月23日(木)
設計事務所・ビルダー・コーディネーターさん向けですが、できるだけ、一般の方が聞いても分かるようにお話するつもりです。
犬と猫との暮らしに共通する空間での注意点と、今回は特に猫に焦点を当てております。

「建築知識」では、猫のための住環境のポイントをかいつまんでご紹介していますが、もう少しばかり、私の設計計画時の空間配分の考え方をご説明する予定。
特に、大建工業さんと開発した「ねこステップ」を使った工夫で、猫に「よくやった」と褒めてもらうためのポイントなんぞを広められたならと考えております。

申込など、詳しくは、DAIKEN大阪ショールームにお問い合わせ下さい。http://www.daiken.jp/sr/osaka/seminar/201702.html

 

 

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

私的研究所

私的記録

無料ブログはココログ