« 犬との住まいスペシャリスト養成講座のお知らせ | トップページ | JKCの会報誌で「巣ごもり対策」で犬との暮らしを考えてみました »

猫の環境アメニティを人との視線影響から配備する

1312犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、「人が猫に愛されるための空間設計」について。

猫が人の家の中で楽しく過ごせる環境整備や工夫について、以前にもいくつかご紹介しましたが、今回は「猫が楽しく人と関わる空間」について考えてみました。
お部屋の中にステップやキャットタワーを置いたりする際どのような基準で場所を決めているでしょうか?
「あの場所にうちの猫が歩いていると可愛いから」という、人が猫を見る観点で決めているかもしれません。
しかし、あまりジロジロと人が見るような状況は、猫にとっては嬉しくはありません。
ではどうすればいいのでか?
金巻的なお勧めの考え方を提案してみました。

« 犬との住まいスペシャリスト養成講座のお知らせ | トップページ | JKCの会報誌で「巣ごもり対策」で犬との暮らしを考えてみました »