保護猫シェルターのガイドラインのお手伝いしました。

2019royalguideline ロイヤルカナンさんのプロフェッショナル向け事業の「保護施設にやってきた猫が健康に過ごすためのガイドライン」にて、施設内設備の参考資料を少しご協力しました。

このところ動物保護シェルターの福祉環境の問題が取りざたされています。
何もない場所に0から新築計画できれば比較的整備しやすいのでしょうが、実際は小さい施設で、既存の建物や空間を再利用して、様々に工夫して頑張られているのだと思います。
福祉環境の改善と、施設運営の現場で努力されている方の支援に、少しでもなれたならばと幸いです。

犬と猫との暮らしについて、HOME CLUBさんの取材を受けました。

2019misawa ミサワホーム情報誌「HOME CLUB」9月号 特集「ペットと暮らす」の「建築家に聞きました! 犬と暮らす家、猫と暮らす家」 に取材協力しました。
お近くのミサワホームさんのショールームなどにお立ち寄りの際は、手にとってご覧下さいね。

犬や猫と暮らしているからこそ、臭いには注目していたいもの

Img_1910
犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、トイレのお話し『臭いの管理の重要性』についてです。

動物がいるから、家は多少臭っても仕方がないんだ、と思っている方も多いようですが、「臭い」は環境悪化のサインでもあるので、もう少し注目してほしいのです。
家族の健康のために、不快な臭いがしたら、慣れてはいけないのです。

人も犬猫も、体の免疫力が弱ってくると、排泄物や体臭がきつくなるのは同じです。
室内では、通気の流れが良くないとか、ホコリが隠れているところにカビなどが発生し悪臭を醸し出します。
臭いは、不都合が起きていたり、何かに汚染されている知らせといえるでしょう。

家族と住まいの体調不良に早めに気がつき、未病の内に対処すること、これが一番の薬です。

臭いがしてあたりまえのように思っている「トイレ」や「寝床」こそ、体調不良と室内環境の健全性のために、よごれや臭いの定着を防ぎ、臭いに気がつきやすい状態にしておきたいものです。

設計させて頂いたオフィスが日経新聞に紹介されました

内装設計を 2019-9 させて頂いた、株式会社シロップさんのペットフレンドリーオフィスが、日経新聞に紹介されました。
計画した什器は現在全部はそろっているわけではなくて、ご提案した機能のアイテムを、商品を吟味しながら少しずつご用意されている段階です。
スタッフが増えていく途中なので、全部をいきなり揃えるのではなくて、メンバー似合わせてファジーに動くことは必要と思います。
私が直接取材を受けたのではないので、ちょっとFaceBookの「動物と暮らす住研究所」で補足しています。
こちらも参考にして頂ければ幸いです。

発売中のananの猫特集に協力しました

Anan 5月8日発売の雑誌「anan」の「にゃんこVOVE」特集に取材協力いたしました。
初めて飼い主さんのための住まい工夫と防災関係でコメントしています。

IKEA Tokko-Bayでペットセミナーを行います。

Simg_2028_3

IKEA Tokyo-Bayのリノベーションセミナー 「ペットに優しいすまい」にお声かけを頂きました。「犬と猫と考える住まいのつくり方」をお話させていただきます。
犬や猫がご家族で、家具選びやリノベーション計画を考えていらっしゃる方に、ちょっと知っておくと「より楽しい」のではないかな? という金巻式住まい術の一部をご紹介できればと思います。

会場:IKEA Tokyo-bay 2Fイベントステージ
   千葉県船橋市浜町2-3-30
日時:2019/03/02(土) 10:00 ~ 12:00
【お申し込み期限 2019/03/02(土)】

新宿のOZONEで、猫の日に記念セミナーやります

Photo

リビングデザインセンターOZONEでの「猫の日」セミナーですが、去年好評だったと言うことで、またお呼ばれしました。
折角なので、去年末に発行された、皆さんに手伝っていただいた本の紹介をいたします。
平日で小さい会場でしたが、ありがたいことに多くの参加希望があったので、会場を大きくなさったようです(汗)
なので、まだ空きがあるようですよ。

弊著が本屋で見かけなくて知らない、という場合、会場でもご購入いただけます。
日時:2019年2/22(金)14:00~15:00
会場:リビングデザインセンターOZONE
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
    TEL:03-5322-6467 
お申し込み:ネットからhttps://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/
※開催前日、当日のメールなどでのお申込みはお受けできません。

ちよだ猫まつりに今年も参加します

2017

一般財団法人ちよだニャンとなる会と千代田区が共同で開催するチャリティイベント「ちよだ猫まつり2019」に、今年も、「ねことりびんぐ」は参加します。

「猫との暮らしをもっと楽しみたい」と思われたら、お気軽にお立ち寄り下さい。建築家・猫シッターで猫向けDIYにも取り組む猫友のいしまるあきこ先生が今年も友情参加。その他、書籍の紹介や、ご自宅にご訪問して相談をお受けする「PAL住まいの処方箋」の申込み書などご用意してお待ちしております。

2月16日18日の両日開催。
当日の販売書籍や配付資料類、メンバーの在籍予定時間は、「ねことりびんぐ」(http://nekotoliving.com/)のページをご確認下さい。

金巻は、16日の土曜日のみ窓口におります。

イベントの詳しくは、ねこまつり公式WEB(http://chiyoda-nekofes.jp/)へ

防災減災のための、犬のいる家庭の工夫とリフォームを提案しています

Jkc

愛犬団体のJKCさんの11月の会報の、防災特集に協力いたしました。
「リフォーム」とありますが、工事の発生するプランから、いつもの私の得意な、「今ある家具を使えってみる」提案も載せています。

皆さんのお役にたてますように。

犬の隠れ家とトイレスペースのサイズは違う件

 

180233

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、トイレのお話し『犬の隠れ家とトイレ場所の違い』です。

私は度々、犬の隠れ家として、壁面収納やカウンター下を有効活用する方法をお勧めしています。
何しろ、色々なトラブルが減るからなのですが、ちょっとやっかいなのか、「静かで誰にも邪魔されない」「人の邪魔にもならない」という点から、トイレの場所によさげな位置関係であることです。
トイレにする場合、隠れ家である場合の必要なサイズや向きなどが変わってくるので、今回はそんな注意点の話をしてみました。
どうぞ、お役に立てますように。

より以前の記事一覧