工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

婦人之友に記事協力しました

2296_p

婦人之友2017年8月号の記事
「犬も猫も人も夏をカイテキに」に協力しています。

日本の夏の暑さは、都会暮らしの犬や猫達にはちょっと厳しい。
停電対策の事も少し触れてみましたよ。

こちらから、雑誌詳細をごらんら下さい。

猫と人と家の幸福論

Nikkei1706

「日経おとなのOFF」の6月号は猫特集です。
金巻も住まいでご協力しました。
「猫と人と家の幸福論」

設計事例も紹介いただいております。
お近くの書店でお求め下さい。

 

建築知識3月号に作品事例として掲載されました

Photo

「建築知識」の猫特集に引き続き、3月号 にも「いぬとねこもりびんぐO邸」が設計事例として掲載されました。
特集「成功するリノベーション」の「ペットと人が暮らしやすくなるリノベーション」です。

「高い位置に猫の遊び場を設ける」という題名が着いてしまっていますが、本当は「お部屋を俯瞰できる場所に猫の遊び場を設ける」でしたね。
失敗。

お近くの書店でお求めいただけます。

ペットと幸せに暮らせる家

Sweden

The SWEDEN HOUSEのno.171号、特集「ペットと幸せに暮らせる家」の監修を致しました。
これは、ハウスメーカーのSWEDEN HOUSEさんの情報誌です。

モデルルームでコンセプトや基本性能のご説明を頂いた後に、コメントしたものです。
私が飼い主さん達に言いたいことの「本当に必要なコト」がしっかり書かれていて、あれこれ「犬には~」「猫には~」って話をしなくてすんだ。

お近くのSWEDEN HOUSEさんで、お求め下さい。

建築知識「猫のための家づくり」に協力しました。

Xnow2016_2

建築知識2017年1月号の猫特集「猫のための家づくり」で金巻が専門建築家として協力いたしました。

一冊まるごと特集です。永久保存版だそうな。

「へぐりさんちは猫の家」の廣瀬慶二先生と、「ねこのきもち」などでおなじみ哺乳類動物学者の今泉忠明先生がメインで協力されています。
他にも建築が実例紹介なさっていて、私も楽しみです。
この年末年始に目を通してみます。

試し読みは下記からできるようです。
http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/news/2016/12/1-8.html

お近くの書店でどうぞ。

 

The Parkhouse magazinにお手伝いしました。

2016m

三菱地所レジデンスさんの機関誌、「The Parkhouse magazin」 No.23にて、
特集「愛するペットとともに暮らす」で 取材協力しています。

海外の犬や猫と暮らしているお宅への取材記事など、なかなかおしゃれです。

三菱地所さんのマンションのオーナ―さんに配られる情報誌ですが、各物件の販売センターなど店頭でご覧いただけるそうです。

うさぎの時間に、住環境での整備について協力しました。

「うさぎの時間」no.17の特集、「うさぎだって山あり谷あり トラブルを乗り越える」の「お部屋にまつわるトラブル」でご協力いたしました。

うさぎの時間 さんには、たまにご協力させていただくのですが、私は毎度勉強になります。今回の記事も、充実した内容が盛りだくさんです。
「同行避難」や「うさぎアレルギー」など、「うさちゃん可愛い」だけの情報に偏らないところも頼もしい情報誌です。

いぬのきもち の 愛犬のための生活空間の工夫に協力しました。

Inuno

(初めて飼い主さんの)「いぬのきもち」2016年5月号 VOL.168にて、
特集 「愛犬のための生活空間の工夫20」の監修でご協力をしました。

付属の小冊子「愛犬関連アイテム人気ランキング白書」の(ベテラン飼い主さん用共通)「住」のコーナーも監修しております。

猫の臨床専門誌「Felis」にanico house が紹介されました

Felis

2015年暮れにご紹介した、ペット保険のアニコムさんのパークイベント「anico park の、「動物と楽しく健康に暮らせる空間~anco house」のブーが、 猫の臨床専門誌「Felis」に紹介されました。
「猫と人が幸せに暮らせる住空間を考える」です。

それにしても、噂に聞く以上に面白い雑誌です。
今回のテーマ「猫の小児科」は、かなり勉強になります。
遅れているといわれた猫の医療も、ビックリする速度で進んでいたのですね。

犬猫の気持ちで住まいの工夫 増補改訂版出ました。

Dc

弊著のペット共棲提案の本が、そろそろ底をつくので、増刷する?それとも時間がたったから改定する? っと検討が始まって1年半(汗)
アマゾンでも「一時的在庫切れ」が続き、「絶版ですか」とまで言われましたが、ようやく増補改訂版として、無事発行されました。

今度は、横書きです。
数字が多くて縦書きよりいいだろう、との編集部のご判断でした。
猫の生活環境の向上のための工夫や、建材技術情報など補填しております。

どうぞ、お近くの書店や、ネットショップでお手にとって下さい。
住まい造りはもちろん、暮らし方の提案としてもお使いてだけるように配慮したつもりです。

犬・猫の気持ちで住まいの工夫―ペットケアアドバイザー・一級建築士と考えよう

より以前の記事一覧

私的研究所

私的記録

無料ブログはココログ