在宅勤務というライフスタイルでの犬の居場所について、後編

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、「犬の居場所と在宅勤務」について。その後編です。

在宅勤務やImg_0181edited リモート学習というニューノーマルな住まい方スタイル。
犬や猫にとって、家族が家に居るときは「人のOFF時間」とはならず、特に犬たちは、人のON(犬にかまってあげられない)とOFF(犬をかまえる)の時間や状況があり、これに対応した過ごし方を求められました。

人が自宅にいても、「仕事中でONのタイミングがある、この時には『かまって』と要求はしない」と、犬にも上手に対応させてあげるには、人の仕事場と犬の生活空間を分けることです。

しかし、スペースの関係もあって、犬の居る空間で仕事を為なくてはならないお宅も多いでしょう。

そこで、リビングダイニングといった一つの空間で、小さな工夫で空間をONとOFFの2つに区分けする方法を提案します。
一つの部屋なのに、犬にとって
2つの空間に見えるようにする工夫ですが、一方で、それが人の行動(犬への対応の仕方)を変えることになります。
つまり、人の行動を変え、犬への理解の助けにしよう、ということ。

単に空間を2つに分けても、人の行動が伴わなくては成功しません。
OFFの空間に入ったら、沢山ふれ合いましょう。
飛び跳ねたり、引っ張りっこをしても踏ん張れるような、床材なども工夫し、沢山遊んであげましょう。

ペットとのマンションライフのweb連載

Adobestock_366857030 「アツマロマガジン」さんの、ペットとの暮らしのテーマの連載を、金巻が監修しています。
マンションでのコミュニティトラブルを設計者として考察し解決策を模索したのが、家庭動物との住研究につながりました。
この連載は2007年発行の弊著「マンションで犬猫と上手に暮らす」の目次を利用して、項目別にお話をさせていただいたのですが、時代は変わりましたね。
この本を執筆していたころは、区分所有法が改正されても、まだ「マンションではペット不可」が当たり前だと思われていて、標準管理規約にペットの項目が載ったものの、各管理組合では四苦八苦していました。
ペット可にするために、専用の足洗い場やら汚物流しがいる、と大きな勘違いが、一部の宣伝のために広がっていたころ。
しかし、現在は、新築分譲マンションではペット可は当たり前だし、ペット設備が必須でもないことも認識されています。飼育細則はあるし、ペットサークルが必須ともなっていない。建築的な構造も(新築なら)大分よくなっている。
私達を取り巻く社会状況が変わって、新たな課題はでているようですので、「より、コミュニティが健全で、家族が楽しく」という事に向けては、新しい整理が必要と考えています。
この機会に、原点回帰して、改めてマンションライフについてまとめていこうとおもいます。

「住まいとでんき」のペットと暮らす特集号に巻頭言を寄稿しました

2021w 日本工業出版発行「住まいとでんき」2021年2月号の特集「ペットと暮らす」に、巻頭言として「人と家庭動物(ペット)が共に棲む住まい」を寄稿しました。

建築業界誌なので、あまり一般の方が目にする機会はないかもしれませんが、ゼネコンや設計事務所、ハウスメーカーにお勤めの方で「住まいとでんき」を会社が定期購入されていたら、気にしてみてください。

建築家や住宅メーカーさんが寄稿されておりますので、金巻は詳細よりも、ペットとの住まい計画に全く関心を持ってこなかった方に、ザックリ概要を知って頂くことに重点を置いてみました。

私が見てきた「ペット共生住宅」の歴史から現在のニーズについてザックリご案内し、博士論文にもした「家庭動物住環境システム」についても「三楽暮」として運用していることをご紹介しております。

JKCの会報誌で「巣ごもり対策」で犬との暮らしを考えてみました

2020jkcGazette 2021年1・2月号「愛犬と過ごす巣ごもり生活術」特集の「巣ごもり中のコロナ対策と、愛犬と上手く付き合うための住まい術」にて、取材協力しました。

リモートワークによって起きている環境課題で、「分離不安」というものがあるようです。
コロナ禍の生活環境を、前期:A、中期(現在):B、後期(収束期):C の3っつの期間に分けて考え、それぞれの期で起きた事、これから起きると考えられる事について考察しています。
その上で、上手に犬とのアフターコロナを迎えるための、住環境の整備(暮らし方)についてご提案しております。
一日に数回窓開けによる換気の仕方は、コロナ関係なくやっておきたいこと。
NHK「あさイチ」と少し内容が被っているかもです。

窓辺の安全を網戸接触防止で考える

Photo_20201104124901犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、『窓辺の安全を考える 網戸接触防止』についてです。

掃き出しサッシの透明ながラスや網戸に犬や猫が突っ込んでしまったりする事故を防ぐために室内側にガードとなる格子戸を付けることをお勧めしています。今回はこのペットガード格子戸についてもう少し考えてみようと思いました。

一昔前に比べれば、網戸も破れにくく丈夫になりましたが、網によじ登られたり体当たりされたりすると、網が枠から外れてしまう危険性は変わりません。そこで、犬猫が網戸に触れないよう、網戸前の室内側に「接触・衝突防止格子」をすると安心ということです。

ただ、こういったゲートは人の視界を遮ることにもなり、人が「閉塞感」を感じてしまうというデメリットがあります。
デメリットを減らしメリットに変えるというこをできいないか、考えてみました。

雑誌RETRIEVER誌に少しだけお手伝いいたしました。

Ccf20200914_0001 RETRIEVER(レトリーバー) 101 2020年10月号の、「レトハウスのお悩み解消DIY!」にて
ほんの少しですが監修協力しました。
人と犬の犬(ここではレトリーバー)の住行動からのポイントをお話しています。


 住まいの中にある犬との問題を、内装の仕上材を変えてどうにななる、と考えると失敗するのでした。
建材やアイテム等についても私が提案したかったのですが、時間等の大人の理由で、残念ながらホームセンターの方がピックアップされたようです。
なので、私の知らない商品もあったりします。
大工さんでないと施工が難しい建材が多いですが、プロが選ばれているので、DIY向けの建材を出して下さっていると思います。
DIYは、日曜大工の覚えがある人ならば、楽しみながら出来るかと思います。
しかし、安く上がる、という考えであれば、安易に考えると必ず敗しますので、十分な資料と道具をそろえましょう。

2020ret2

猫アレルゲンを定着させないため-住まいの知識-

Img_6565犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、お掃除のお話し『猫アレルゲンを定着させないために』についてです。

猫を飼ってる方の中に、猫アレルギーをお持ちの方がおられます。
また家族に猫アレルギーがある場合もあります。
猫アレルギーの症状は、花粉症によく似ていてくしゃみがでたり、涙や鼻水が止まらなかったりします。

アレルギーは、そのアレルゲンに多く接しているとなりやすくなるわけですから、猫が大好きなのにアレルギ-になりやすいとも言えます。
また、花粉やハウスダストなどのアレルギーをお持ちの方は、ペット由来のアレルギーにもなりやすいので、しっかり対策をすることがオススメです。

何より大切なのがお部屋の清掃です。
猫アレルゲンを取り除くには、花粉などとは少し違った掃除のポイントがあります 。

今回は、空気環境工学の調査報告から見えた、猫のいるご家庭でのお掃除のポイントについてふれてみました。

猫と快適に住む工夫について北海道新聞に協力しました

Img_9834 北海道新聞に取材協力いたしました。12月10日「くらし-ペット」欄の「猫と快適に暮らしたい」です。

いつもの話ではありますが、ともかく、猫に人との暮らしを楽しんでもらおう! という視点で家族の空間を見直していただければと思います。

猫にとって、お外よりも家族がいるソファーとテーブルが一番素敵な場所だって、飼い主さんが気がついてくれるとうれしい。

犬と猫との暮らしについて、HOME CLUBさんの取材を受けました。

2019misawa ミサワホーム情報誌「HOME CLUB」9月号 特集「ペットと暮らす」の「建築家に聞きました! 犬と暮らす家、猫と暮らす家」 に取材協力しました。
お近くのミサワホームさんのショールームなどにお立ち寄りの際は、手にとってご覧下さいね。

犬や猫と暮らしているからこそ、臭いには注目していたいもの

Img_1910
犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは、トイレのお話し『臭いの管理の重要性』についてです。

動物がいるから、家は多少臭っても仕方がないんだ、と思っている方も多いようですが、「臭い」は環境悪化のサインでもあるので、もう少し注目してほしいのです。
家族の健康のために、不快な臭いがしたら、慣れてはいけないのです。

人も犬猫も、体の免疫力が弱ってくると、排泄物や体臭がきつくなるのは同じです。
室内では、通気の流れが良くないとか、ホコリが隠れているところにカビなどが発生し悪臭を醸し出します。
臭いは、不都合が起きていたり、何かに汚染されている知らせといえるでしょう。

家族と住まいの体調不良に早めに気がつき、未病の内に対処すること、これが一番の薬です。

臭いがしてあたりまえのように思っている「トイレ」や「寝床」こそ、体調不良と室内環境の健全性のために、よごれや臭いの定着を防ぎ、臭いに気がつきやすい状態にしておきたいものです。

より以前の記事一覧