工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

猫に人との住まいを楽しんでもらう工夫のポイント

Img_0841_3

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『猫の環境アメニティを考える』

住まい×猫 の情報は「建築知識」さんの猫特集でかなり広範囲に広まったかと思います。
しかし、キャットウォークをつくれば、何でも猫は喜ぶわけではありません。

おもしろくなければ有効活用してくれません。そして、猫が活用しているように見えても、それが恐怖心や興奮といったものであったなら、それはあまりいいことではありません。

楽しい気分や人との関わりを楽しむために使ってこそ、人と猫のための住まいになりえるのです。

では、猫にも人にも楽しい猫の通路(猫アスレチック)を室内でつくる、金巻的なポイントを今回はご紹介しております。

続きを読む "猫に人との住まいを楽しんでもらう工夫のポイント" »

ゴミ箱は犬猫には宝箱

P1020086_2

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『ゴミ箱は開けられない工夫を』

犬や猫にお留守番を頼んで、帰ってきたらひっくり返されていた、中に入ってくつろいでいた!  なんて経験はありませんか?

ゴミ箱は箱という時点で、猫は入りたがり、犬は中身を見たがりますね。
そして中にはガサゴソいう刺激的なものや、おいしそうな匂いのついたオヤツの空き袋が入っていたりします。

そんなゴミ箱を無視するなんて、きっと難しいことなんでしょう。
こうなると、飼い主さんはゴミ箱をうまく隠す工夫をしなくてはいけないですね。

今回は、建築的に工夫できることはないかな? というお話です。

犬の居場所にも風の流れを考えましょう

Onelovei20150226_17

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『隠れ家にも空気の流れを』

犬のために、「隠れ家」のような落ち着ける場所を確保することを、『三楽暮』として金巻はお勧めしております。
    
壁面収納の下部の空間を犬のスペースとして提供するのは、よくある提案ですね。
収納で人の膝下以下の高さは、人には使いにくい場所ですが、犬がくつろぐスペースにするのは、犬にとっては丁度よい窪みになりますね。
またお部屋の広さを感じられることから人にも都合のいい使い方といえます。

が、それらの提案で ちょっと残念と金巻が思っているのは、空気の流れまで検討されていないこと。

続きを読む "犬の居場所にも風の流れを考えましょう" »

猫と人と家の幸福論

Nikkei1706

「日経おとなのOFF」の6月号は猫特集です。
金巻も住まいでご協力しました。
「猫と人と家の幸福論」

設計事例も紹介いただいております。
お近くの書店でお求め下さい。

 

犬や猫の防災対策は家具の配置からも

Img_0640

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『防災対策は家具の配置からも』

 

東日本大震災から6年。防災意識は高まっても、普段の心構えは少し緩んできていませんか。「ペット防災」という単語も定着しましたが、人だけでなく犬や猫の日頃からの防災対策を、改めて考えて下さい。
犬は猫にとっては日常からの準備こそが一番大きな防災・減災になります。

今月の「わんだふるな住まいの知識」では、地震の場合に注意しておきたい重要ポイント、住まい方で工夫できる減災、「隠れ家」とお部屋の扉と窓との位置関係についてご紹介しています。

室内でも掘る遊びをさせてあげましょう

Inu

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『室内でも掘る遊びをしましょう』

犬の無駄吠えや破壊行動など、都心の飼い主さんたちが抱えている問題は、その原因の大半が「退屈」ともいわれます。

ドッグトレーナさん達が、様々な遊びながらのトレーニングを行っていますが、室内でできることも多くあります。
室内ではどうにもできない、と思われている「掘る」という行動要求を満たす遊びも、ちょっとした室内の工夫(アイテムを工夫する)ことでやれることもあると、住環境をコーディネートする立場から考えてみました。

ビックリするぐらい、すぐにできますよ。

シニア犬との住まいは、飼い主さんが楽でないとね

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

Ani01

今回のテーマは『シニア犬との快適な住まい』

私達が年を取ると手助けが必要になるように、犬や猫も年を取ると人の手助けが必要になります。
動物と暮らす時に考えないといけないのは、そのこたちに多くの手助けを必要とする時期がやってくるということです。
人と違ってかわいらしい見た目で、歳をとってしまっていることが判り辛いことがありますが、7才を境にして考えておきたいことです。
環境を急に変えるのは、改善であってもストレスになりますから、早め早めに検討したいものです。

特に大型犬のケアは飼い主さんの負担も体力的に大きくなるので、飼い主さんもいかに楽にケアをできるか、という事が大切でしょう。
今回はそんなお話をしてみました。

    

シニア犬との快適な住まいについて

Inu

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『シニア犬との快適な住まい』

犬を飼う上で必要になるのがお散歩です。運動のためばかりでなく飼い主さんとのコミュニケーションや、ストレスの解消、刺激を得るためにも大切なことです。

しかしm、梅雨時の雨が続く日や夏の暑さが厳しい日の散歩は、シニアや体にハンディ抱えるコには負担になることもあります。

続きを読む "シニア犬との快適な住まいについて" »

猫と玄関とストレスの関係について

Fukiken

「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。
今回のテーマは『猫のストレスと入口廻りの工夫』  

玄関周りの工夫は、犬のいる家庭だけと思っていませんか?
私も、玄関周りに、犬の散歩関連の道具などを置いておくことを、連載の中でご紹介してきました。
しかし、犬だけでは無く、猫にとっても玄関周りの工夫は大切なのです。

外猫より室内飼育された猫は、飼い主が外から持ち込む臭いにも影響されています。

爪研ぎやスプレーなど、ストレス行動でお悩みの飼い主さんは、猫が臭いに関してストレスを感じているのではないかと疑ってみてください。
意外なところに解決策が見つかるかもしれません。
今回は、そんなストレスと玄関との関係を説明しています。

犬猫がいる家庭の空気清浄器の効果的な配置について

Img_1564

犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。

今回のテーマは『空気清浄器の効果的な配置』

 犬や猫と一緒に暮らす方のお悩みの一つが、臭いの問題です。

 普段気にしていなくとも、外出から戻ったらなんとなく部屋が匂うような気がする…お客様はどうなんだろう、そんな相談もよくきかれます。
 お部屋が臭うのは、環境汚染がどこかで密かに進んでいる、住まいからの「免疫力が落ちていますよ」というメッセージです。

 健康な空気が家族全員の健康にもつながっています。
「犬猫がいるからしかたないよね」で、すませず、対処したいですね。

 最近は家電も進んでいます。
 空気清浄器の場合は、設置する場所によって、その効果が変わってきますので、空気の流れをよく考えて設置するのがおすすめです。

 今回は、そんなお話をしてみました。

より以前の記事一覧

私的研究所

私的記録

無料ブログはココログ