工房主宰者

  • 金巻とも子:
    家庭動物住環境研究家
    (犬と猫と住まいの研究家)
    一級建築士

最近のトラックバック

HAPPシンポジウム「猫は忖度する動物か?」に参加します。

Img_0860

動物愛護社会化推進協会(HAPP)さんの秋の公開シンポジウムは、10月14日(土)14時より、大阪ペピイ動物看護学校 で開催します。

「猫は忖度する動物か?」というお題に、金巻も飛び入り参加することになりました。
動物行動学がご専門の皆さんの中に、素人代表と発表して参ります。

住まい創りとは、そこの暮らす家族の気持ちをくみ取って形にする作業です。
それで住まいにも心理学が駆使されているわけで、私の場合は、人だけでなく犬や猫も人と同じ「住まい手」になっているので、そんなお話をしてみようと思います。

関西方面の皆さん、
猫が大好きな方、猫の不思議な行動の理由や犬との違いについて知りたい方、どうぞお越しください。参加費は無料のシンポジウムです。

詳細はこちらから。
特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会

 

「猫のための家づくり」「犬のための家づくり」の発売記念のトークショーに参加します

 

建築専門誌、建築知識さんのイベントにご協力いたします。

『建築知識1月号 猫のための家づくり』の書籍化と、
第二弾となる『犬のための家づくり』が9月20日に同時発売されるとか。
発売を記念しトークイベントが各書店さんで開催されます。

金巻は、発売日に新宿、10月7日の盛岡、10月9日の大阪です。
新宿では、NLデザインの丹羽修先生と対談です。
建築家とのトークショウだなんて緊張しますが、書籍から漏れたプチポイントなどご紹介できればと思います。

詳しくは下記に。
http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/event/2017/08/201710.html

猫と家の住まいのシンポジウム報告がでました 

Sumairon_101

一般社団法人 住総研さんの4月に行われた「すまいろんシンポジウム」の報告が、機関誌「すまいろん」2017年夏号に掲載されました。

詳細と、購入は、こちらから。

シンポジウムは、趣旨説明は、京都大学の三浦研先生。
いしまるあきこ先生を司会に、パネリストは、文化人類学の奥野卓司先生(関西学院大学先端社会研究所)、社会学の 山田昌弘先生(中央大学)、そして、金巻でした。

講演内容はもちろん、討論の内容も載っており、だいぶ面白い話をしていたのだと振り返りました。

講演以外にも、特集記事として、興味深いものが取り上げられていて、読み応えがあります。
いしまる先生、改めてすごい人でした。
ペット防災でおなじみANICEの平井潤子さんも寄稿されていて、ニアミスにビックリ。

新宿で犬と猫との住まいのセミナー行います

Img_3098

3月は、新宿で、一般の飼い主さん向けでお話させていただくことになっております。
TOTO・DAIKEN・YKK APの東京コラボレーションショールームさんです。

特別講演「犬と猫との“三楽暮“住まいのデザイン」
~建築アイテムの適材適所を、犬と猫の立場からも考える~
2017年 3月11日(土) 13:30~14:30

ペット共生空間というと、「すべらない床」「きずつかない壁」なとと、短絡的な落とし込みで終わりがちなので、建材の適材適所は、人と犬猫の住行動と心理面からみたプランニングがあってこそというお話をさせて頂く予定です。

また、今回は特に、「ちよだ猫まつり」のトークショーでお話した「猫の立場から要求する空間」という内容もまたお話させていただきます。

「ちよだ猫まつり」のトークショーを聞き逃された方、お近くの方はお越し下さいね。お待ちしております。
http://www.daiken.jp/sr/pdf/shinjuku20170126-2.pdf

ショールーム
http://www.daiken.jp/sr/shinjuku/
(一番下【お施主様向け】 こだわりのある暮らし方応援フェア 各種セミナー開催 をご確認下さい)

 

設計者向けの家庭動物と住まいについてのセミナー

202160408_9_2

大阪にて「犬猫に人との住まいを楽しんでもらうための建築的工夫」セミナーを開催致します。

2017年2月23日(木)
設計事務所・ビルダー・コーディネーターさん向けですが、できるだけ、一般の方が聞いても分かるようにお話するつもりです。
犬と猫との暮らしに共通する空間での注意点と、今回は特に猫に焦点を当てております。

「建築知識」では、猫のための住環境のポイントをかいつまんでご紹介していますが、もう少しばかり、私の設計計画時の空間配分の考え方をご説明する予定。
特に、大建工業さんと開発した「ねこステップ」を使った工夫で、猫に「よくやった」と褒めてもらうためのポイントなんぞを広められたならと考えております。

申込など、詳しくは、DAIKEN大阪ショールームにお問い合わせ下さい。http://www.daiken.jp/sr/osaka/seminar/201702.html

 

 

日本建築学会のPDでペット用建材の最新技術の動向を報告します

Fotolia_52930256_xs

日本建築学会の九州大会で、パネルディスカッションが行われます。
「ペット用建材の最新技術の動向
子育て、高齢者世帯におけるペット対応を中心として」

金巻も「猫と共棲する生活空間」を発表いたします。

〇日時:8月26日(金) 13:30~17:00
〇場所:福岡大学 A棟 A203室
〇参加費:建築関係者は9000円。一般市民は無料なそうな。
http://taikai.aij.or.jp/2016/images/research-and-pd.pdf
(2枚目、材料施工部門-パネルディスカッション(2)参照)

続きを読む "日本建築学会のPDでペット用建材の最新技術の動向を報告します" »

J-PETS月例会「動物にとって暮らしやすい“家”を考える」に参加します

Img_3098

日本ペットサミットさんの月例会「動物にとって暮らしやすい“家”を考えるにパネリスト参加します。

■セミナー概要
◆テーマ:「動物にとって暮らしやすい“家”を考える」

J-PETSのご案内より
「今回は動物にとって暮らしやすい“家”を考えます。
最近ペット共生住宅という言葉を目にする機会が多くなりました。共に暮らすしっぽのある家族にとってどのような住宅が望ましいのか?
  動物の生理学的観点からその動きをつかむ「ロコモーション」研究の第一人者である山口大学の和直己教授,住宅工学を学び数多くの動物との共生住居を設計されている一級建築士の金巻とも子先生をお招きして,皆さんと一緒に考えたいと思います。 」

住宅工学!(汗) 建築工学も「勉強はじめました」な 私です。
独学だったのが心配で、今、コツコツと科学的裏打ちを学術機関でやっておりますが、ひよこです。

 

続きを読む "J-PETS月例会「動物にとって暮らしやすい“家”を考える」に参加します" »

JAHAの市民講座「人と動物の絆 一緒にいるってこんなに幸せ 」に参加いたします。

202160408_9

JAHA(公益社団法人日本動物病院協会)の WJVF第7回大会 市民公開講座にパネリスト参加します。
日曜日の午前中、「猫と暮らすわたしのひと工夫」です。
クウ動物病院の田中玲子先生、みかん動物病院の花岡亜樹とご一緒です。
お近くの方は是非。

左の写真は、今年竣工しました「ねことりびんぐO邸」。
ちょこさんです。
このお宅での猫達の人との暮らしの楽しみ方は、今回が初紹介。

ちょこさん、モデルさんありがとうございました。

いのちのつながりをテーマとしたイベント「anico park」に協力しました。

20151127_14

ペット保険のアニコムさんのパークイベント「anico park」が21日にオープンしました。
http://www.ani-co.jp/news/20151222.html
「動物と楽しく健康に暮らせる空間~anco house」のブースが、金巻がご協力させていただいたブースです。

うちの「クロ」ちゃん(トルソー)が、モデルでもう少し参加中。

パーク内は、お食事もできますので、年末年始のお出かけにもどうぞ。

飼い主さんのための住まいのセミナー

飼い主さんのための住まいのセミナー、今月の28日に東京の五反田で開催されます。
「犬家猫館(いぬやねこたち)住まいのセミナー」

◆日 時 : 2月28日(土)14:00~15:30
   ◆会  場 :【五反田駅】東京デザインセンター 会議室(8F)

「犬家猫館」では、犬や猫と暮らす家庭へ、インテリアのアイデアや暮らし方を提案しています。

 「私」「犬・猫」「おうち」みんなが楽しく暮らせる住まいの工夫を、
 今すぐできる小さなものから、リノベーションの大きなものまで、ご案内します。
 その日、お家に帰ってすぐやれることも多くお話できると良いなと思います。また、春の模様替えのアイデアにもしてください。
 お会いできるのを楽しみにしております。

 参加者全員に「うちのコとの暮らし応援セット」をプレゼントがあるそうです。

 ▼▽ 詳細/お申し込み▽▼

http://r34.smp.ne.jp/u/No/1695599/dFta7HGEfrD0_2606/150204001.html

より以前の記事一覧

私的研究所

私的記録

無料ブログはココログ