カテゴリー

  • ウリ猫闘病記
    平成21年、17歳を直前に扁平上皮ガンで他界したウリさんの闘病。 永久気管で呼吸を維持する猫と、そのケアについて。
  • ペット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 育猫記
    千葉の愛護センターからレスキューされた、ちょっと変わった三毛猫のマメとの生活

テスト

テスト
はい

秋は辛い

秋は辛い
写真は2月頃に水槽立ち上げ準備をしていたら、中に入ってみたマメさん。今の水槽はもう一回り大きい。
秋口は、ウリさんの事が思い出されて、あの時の辛さがジワッとくるのです。5月頃までしかたないかな。母とウリさんのダブル介護と相次いだ他界は、今頃になって心に響いてきたのかも。
あの時は、二人の健闘を讃える気持ちが強かったから。
マメさんがベタベタ甘えるコだったら違っていたかもしれないけど。夜眠る時に少ししか顔の近くにこない。
いや、要求は激しいので仕事の邪魔しにくるときは、ガンガン顔の周りを廻るけどね〓

被災飼主と動物たちを思って涙した

026_4

 この東北の大地震からの余震が納まって来たので、ウリさんの遺影を元の水槽の横の位置に戻しました。
 遺灰を片付ける事ができず、リビングにずっと位牌と遺影を置いているのですが、この遺影が本震の時に大被害をうけました。水の揺れってすごいんですね。で、避難していたのです。
 そして、遺灰を戻す時に「ウリさん、この地震に合わなくてよかったね」と呟いてハッとしました。

 ウリさんとの闘病半年は、家族とウリさんにとってかなりハードでした。
 呼吸もままならぬ中の苦手な通院を点滴のために高速を使って2日置きに通院。いつ発作が起きるかと不安で、私は仕事をほとんどできなくなりました。
 マメさんでさえ余震で怯える状態でしたから、ウリさんがこの地震にあっていたら、さらにストレスを掛けると思ってのつぶやきでした。

 被災した地域では、その時の我が家のように闘病真っ最中である家族もいらしたでしょう。避難勧告が出ている地域にも糖尿病や腎臓病で点滴や投薬治療をしているコもいるでしょう。
 彼らは、いかに苦しんでいるのかと、ウリさんの顔を見ながら涙がボロボロこぼれて止まらなくなりました。
 被災地域での被災動物たちへの救援が、ままならず歯痒いという報告を受けていて胸を痛めていたのですが、平常時で過酷な状態に置かれていた家族は、どんなに打ちのめされているのかと。
 何か、何かしなくてはと、想いははやるのに、出るのは涙ばかりで自分にまで歯痒くなります。

お正月

101016_024_2

 忙しさに追われてブログの書き込みができませんでしたが、フーフー言いながらも我が家は頑張っております。

 さて、この暮れとお正月に帰省しておりました。

 去年はウリさんと母の喪中で静かなお正月だったのですが、今年はちゃんとお飾りも年始参りもできました。

 初めて見るお飾りに興味深々のマメさん。案の定、ウラジロを噛んだり引っ張ったり。

 体重は2.8kgで落ち着いちゃったようです。
 チッチャい。

 でも、マメさんは親孝行。遠距離移動もヘッチャラだし、健康だし。 仕事と遠距離介護を抱えた私には、本当に心の支えになります。ありがとう。
 今年もよろしくお願いするね。

元気です

100726_005  一家で夏バテ気味ですが、マメさんは元気です。
 これは、「可愛いカッコ」の練習中のマメさん。

 顔もお習字で汚れたような顔だし、咬みネコだし、鳴き声も態度も可愛くないマメさんですが、それなりに練習して家ネコらしくしているのでした。
 我が家ではマメさんを「サメのような目をする」とよく話していますが、ノラさんより無表情だからです。しかし、そのマメさんに見える3D映画がこの夏公開されております。「ヒックとドラゴン」(汗) トゥースね。
 いやもう、親バカでいいです。
 

初粗相

008 5月は法事があったのが大きくて、なんだかバタバタ。気候もおかしかったので、体調不良もあって、あまりお掃除ができなくて私のストレスが倍増しました。
 そのストレス、マメさんにうつった?

 キビッとした偉そうな顔で写ってますけど、昨日、マメさんが初粗相をしました。粗相といっていいのかわからないんですけど、まあトイレでないところでしたということで、「粗相」としましょう。久しぶりの近況報告で粗相って…

 別にトイレには入れなかったとか、トイレが汚かったとか、来客があったとか、大きな音があったとかはありません。しいて言うなら、家の掃除に私が時間をかけすぎていた?
 この週末に風邪をひいてしまった事が後を引いて、作業をしてはひっくり返りしばらく休む…を繰り返していたのです。
 ベッドシーツを洗濯機に入れて、マットに掃除機をかけて、さて、羽根布団にも掃除機をと振り向いたらフレーメン現象を起こしているマメさん。
 え、何か布団にこぼした? と思ってその嗅いでいる場所を見ると、小さな濡れた跡。嗅いでみると、すごく臭い! オシッコだ! …いや、それにしては濡れた跡が小さい。マメさん、尿漏れしてて擦った? 尿漏れってアナタ……え、私?倒れている時にあまりの体調不良に無意識に漏らした? いやいや(汗) ダンナか? そういえば、夜に吐き気がとか言ってたけど、蒲団に吐いた? いやいや、それなら言うって……
 羽根布団をつかんだまま逡巡すること数分。よーく見てみると、濡れた以外に大きなシミがあるような気が。ハッとしてカバーをはがすと、真っ白な布に黄色い直径20cmぐらいのシミ。
 時間はたっているけど、乾き方からしてそんな前じゃない。
 マメだね……。
 マメさん?と顔を見ると「知らない」  

 一時預かりの子など、犬猫色々うちにはいた事があるけど、爪とぎやらトイレの失敗をされた事がないのが、「粗雑な家でもある一定の整理がされているんだぜ」っと、ちょっとした我が家の自慢だったのに、自信喪失。ウリさんの時のあれは、病気で間に合わなかった1回だけだし、トイレを探してそれに近いものを選択した彼女の苦悩があったから、粗相とはママ達、呼ばないよ。
 どうしたの?って聞いたって、マメさんが喋れたとしても、今さら「覚えてない」と答えるでしょうし、下手をすると「ママがやっていたのを見た気がする」とか、「しらない猫が来てた」とか、この子言いそうだ。
 枕とか、ソファーとか、カバンとか、それらしい場所ならストレスだろうと、原因も探れるのに、ココ? いったい何の条件がそろっていたんだろう。 

 そんなわけで、いつまでも衣替えしなかった掛け布団も夏物に。
 洗濯機は大物の掛け布団を無理やり洗わされ、その都合上、無理やり乾燥もさせられているのです。
 そして、原因がわからないために、また布団でオシッコをされるかもと、ビビり気味の私達。
 出てきた不安は、腎臓だったらどうしよう。ほら、間に合わなかったのかもしれない。ウリさんの闘病の時のように。そう考えると、水をガブガブ飲んでる? や、一日の量は?
 そんなに尿量多くない…と思う。でもこんなに小さい猫、あまり見たことないし(脳味噌も小さそうだ)、この大きさではどうなんだろう。とか。
 そんな感じで、しばらく観察です。 

ウリさんの一周忌

001009_2

 今日は、ウリさんの一周忌です。
 もう一年たったんですね。長かったような早かったような…。
 あの日は晴れていたけど、今日は涙雨です。
 今年のような寒暖の厳しい時に闘病じゃなくてよかった、とかも考えます。

 遺灰を仏壇に移すのは、半年たったら、春分過ぎたら、一周忌過ぎたら…とそのままリビングに置いてあります。食卓を囲うように。
 どうも一周忌過ぎても仏壇に移す気になれません。マメさんのイタズラ攻撃にさらされてますけど、まだしばらくは私に付き合ってリビングにいてもらいます。

 この写真はいつごろでしょう。5歳ぐらい? 寒い冬でも、お布団で一緒に寝るの楽しかったね。
 あなたが居ないのは、時間がたっても、やっぱり寂しいです。

花冷えでも春です

100325_012

異常気象で花冷えがひどく、さっぱり春の気配を感じられない3月下旬でしたが、マメさんは春のようです。
 中旬に自宅で少々大工さんに来ていただくことがあったので、やんちゃなマメさんのために、重い腰を上げて猫ウォークと猫スルーを付けました。
 工務店の女の子が「普通、始めは使ってくれないのに、こんなに喜んでくれるなんて、頭いいですね、マメちゃん」と驚いていましたが……coldsweats01 マメさんが褒められるんですね。私じゃなく?
 でも、大した事をしたわけじゃないのですけど、マメさんには大好評で良かった。 

 ……しかし、季節とのタイミングが悪かったみたいです。春でやるき満々のところに発破をかけたようなもので、遊びが超パワフルになってしまいました。
 遊んで攻撃がすごいcoldsweats02
 しかも、オモチャではなく、走り回る追いかけっこ遊びがしたいのです。
 写真は内装を手直しした洗面室の洗面ボールなんですが、洗面所に入ると、扉を開けた途端に、先回りで飛んで来てボールの中に写真のように入るのです。そして、このポーズ。
 そう、これ、「遊ぼう」と誘ってるのです。

 飛んで跳ねて、人の先回りして扉の先に行くことを「楽しち~!」って状態のようです。玄関やバルコニーは危険です。出てから当猫はビックリしてしまうけど、思いっきり飛び出したら事故にもなるので、どの扉を開ける時にも猫がどこにいるか確認して、警戒しながら開けているのでした。(遠くから「キラ~ン」と目を光らせて、扉に突進しようと構えている時がある!)

お誘い

100129_008
 すごいかっこです。
 遊んでいる最中に、いきなりガクッと遊び疲れて眠る。まだまだ子供です。

 ということで、マメさんは元気です。
 相変わらず噛み癖はありますが、ボチボチと指導しております。私のタイミングが悪く、ちょっと遅れていますが。

catマメさんの遊びを誘うしかた。

1)でっかい声で叫ぶ。 → 何でもいいからかまえ。(もしくは腹減った)

2)オモチャを持ってくる → これで遊んで

3)軽く手や足に歯を立て、走り去る → 今度はあなたが鬼ね!(鬼ゴッコしよう)

 マメさんの鬼ゴッコへのお誘いの仕方は、パッと走ってきて軽く手に歯を立てる。ホントに軽くです。そして、ダッシュで走り去る。
 つまり、「今度はママが追いかけてきて!」と言う感じ。追いかけて追いつめると、今後はマメさんが人を追いかけます。

 運動になるのでした。……私の(汗) 

退屈?

100129_009 慌ただしさで、全然記録できていませんでしたが、マメさんはお薬お休みになりました。
 まだ耳が禿げてますけど、広がりがなくなり産毛も生えてきたので、様子を見る事になったのです。これで通院がとりあえずひと段落です。

 ただ、忙しいのと寒くて体調不良なのとで遊んであげられず、そのせいか幾つか問題が……
 1)噛み癖がエスカレートしている。ボールがボロボロに。
 2)大きな鳴き声。主に苦情です。
 3)仏壇にお供えする水をたたき落とす(汗)

 3)以外は欲求不満である事はわかっております。ホント、ごめんね。

 で、相変わらず「鯛焼き 水ポチャ」はやっています。まいるのが、靴下とかサポーターとか、同じようなサイズの物も獲物です。廊下に靴下が落ちていると思って拾うと、グッショリ濡れている事がしばしば。
 あっという間にやるので、カメラ間に合いません!
 どうも、咥えて歩き回るのが大好きなようです。レトリーブっていうやつ。「もってこい」が教えられるはずなんですけど、マメさんの性格的に難しいかな…。
 ガン無視するの得意なんですもの。

«鮭は嫌いかな

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ